よみタイム|2024年7月12日号・Vol.473デジタル版 & バックナンバーはこちら

オゼキマイ主宰、舞台「VOICE」

オゼキマイ主宰、舞台「VOICE」
ゲストアーティストに明石もも

NY在住の日本人俳優オゼキマイが主宰する「タイム・カプセル・プロジェクト」の舞台「VOICE」が7月5日(金)・6日(土)、ミッドタウンのチェイン・シアターで上演される。全3公演。

舞台「VOICE」
正義とは、生きる意味とは?」をテーマにしたヒューマンドラマ「VOICE」

ニューヨークと日本の演劇業界で、次世代のクリエイティブリーダーの支援を掲げる「タイム・カプセル・プロジェクト」。支援ネットワークと創造的な空間の提供を目指している。

今回の「VOICE」は、劇作家の明石ももをゲストアーティストとして招いた初のコラボレーシュンで、「正義」をテーマにした一幕劇。「正義とは、生きる意味とは?」を主軸に、オゼキマイを筆頭に3人の役者が織りなすヒューマンドラマ。

[AD]

末期の診断を受けながらも10年間闘病してきた少年セスは、「ゴッドハンド」と呼ばれる熟練の医師による手術で奇跡の回復を目指す。最後の手術準備をしている時にセスは、正体不明の犯人に喉を切り裂かれて入院している女性患者リナと出会う。リナとセスは一緒に犯人捜しを始めるが、捜査を進めるうちに、病院と手術に隠されたある秘密が明らかになってゆく。

舞台「VOICE」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!