ニューヨーク・イベント情報
2022年5月13日掲載

Downton Abbey: A New Era
ダウントン・アビー:ア・ニュー・エラ(映画)



1910年代から20年代にかけてイギリス・ヨークシャーにある架空のカントリーハウスを舞台に当時の貴族や使用人、社会風潮などを描いた大ヒットドラマ「ダウントン・アビー」の映画版第二弾。先代グランサム伯爵夫人でロバート・クロウリーの母バイオレットはある日、家族が集まる居間で突如「私、南フランスにある別荘を相続したの」とさらりと言った。全員、あっけにとられるが、実は、ロバートが生まれるずっと前に、バイオレットはある男性と知り合い楽しい数日を過ごしたのだと言う。たったそれだけの縁で桁外れの高級別荘がバイオレットに転がり込んだというわけだ。

●公開日:5月20日
●2時間5分/PG
●監督:サイモン・カーティス
●出演:ヒュー・ボネヴィル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリー 他
●劇場上映


Doctor Strange in the Multiverse of Madness
ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(映画)



マーベル・コミックのスーパーヒーロー、ドクター・ストレンジを主人公にしたシリーズ第二弾で2016年作品の続編。禁断の呪文により不可能を可能にできるマルチバースの扉を開いてしまったドクター・ストレンジ。それにより世界が変わり初め、人類への新たな脅威が出現する。ドクター・ストレンジはなんとか元の世界に戻そうとアベンジャーズのメンバーでカオス・マジックやテレパシーを使えるワンダ・マキシモフ、自分の盟友でありマスターズ・オブ・ミスティック・アーツの魔術師ウォンらに協力を求めるが、彼らでも敵を倒すのは容易ではない。

●公開日:5月6日
●2時間6分/PG-13
●監督:サム・ライミ
●出演:ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン、レイチェル・マクアダムス 他
●劇場上映


Firestarter
ファイアースターター(映画)



スティーブン・キングの同名小説を原作にしたSFホラー。ドリュー・バリモア主演で1984年に公開された作品のリブート版でもある。アンディとヴィッキーは大学時代にある薬剤の被験者になったことがあった。その副作用からか彼らが結婚後に生まれた娘チャーリーは火を発生させることのできる超能力パイロキネシスを持っていた。憎しみ、怒りが発火現象を起こさせるのだが、チャーリーがその能力に気づいた時から両親はパワーのコントロールを教え込んできた。しかし、少女にとって感情をコントロールするのは難しく、いずれ政府の秘密機関の知るところとなり、チャーリーの能力を兵器に応用しようと組織が動き出す。

●公開日:5月13日
●1時間34分/R
●監督:キース・トーマス
●出演:ザック・エフロン、ライアン・キエラ・アームストロング、シドニー・レモン 他
●劇場公開/Peacock配信


Operation Mincemeat
オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体(映画)



ウォーターゲート事件に関し、ニクソン元大統領の部下や彼の支持者、内部告発者らを含み あまり知られていない事柄に焦点を当てるポリティカル・スリラー。物語は人気ポッドキャスト「スローバーン」がベースとなっている。事件の捜査が進む中で政権下の司法長官であるジョン・ミッチェルの妻マーサ・ミッチェルが政権内部そしてニクソン自身の事件への関与の可能性を示唆しかねない発言をする。もちろん彼女も共和党ではあるが、夫ジョンが忠実で信頼のおけるニクソン支持者だったのに対し、マーサはそれほどでもなく、肝が据わっていた上におしゃべり好きだったことでニクソンに関する情報を暴露する事態となった。

●公開日:5月11日
●2時間8分/PG-13
●監督:ジョン・マッデン
●出演:コリン・ファース、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファーディン 他
●Netflix配信






2022年4月29日掲載

Gaslit
ガスリット(ドラマシリーズ/全7話)



ウォーターゲート事件に関し、ニクソン元大統領の部下や彼の支持者、内部告発者らを含み あまり知られていない事柄に焦点を当てるポリティカル・スリラー。物語は人気ポッドキャスト「スローバーン」がベースとなっている。事件の捜査が進む中で政権下の司法長官であるジョン・ミッチェルの妻マーサ・ミッチェルが政権内部そしてニクソン自身の事件への関与の可能性を示唆しかねない発言をする。もちろん彼女も共和党ではあるが、夫ジョンが忠実で信頼のおけるニクソン支持者だったのに対し、マーサはそれほどでもなく、肝が据わっていた上におしゃべり好きだったことでニクソンに関する情報を暴露する事態となった。

●公開日:4月24日
●ポリティカル・スリラー
●クリエーター:ロビー・ピカリング
●出演:ジュリア・ロバーツ、ショーン・ペン、ダン・スティーブンス 他
●Starz配信


The Unbearable Weight of Massive Talent
アンベアラブル・ウエイト・オフ・マッシブ・タレント



家族同然の豚を連れ去られ復讐の鬼となる「Pig」(2021年)で熱演が絶賛されたニコラス・ケイジがまたもユニークな役どころに挑戦。ニック・ケイジというほぼニコラス・ケイジを思わせる俳優として登場。数々のヒット作を出したニックも歳と共に落ち目に転じ、最近は借金をかかえる生活に。そんな時にエージェントからニック大ファンの富豪の誕生パーティに出席すれば100万ドルのギャラが出る、とのオファーがかかる。乗り気はしないが、100万ドルは欲しい。ハヴィと名乗る富豪はなかなか気のいい奴でニックも好感を持つが実がハヴィは悪名高き武器商人だった。

●公開日:4月22日
●1時間47分/R、コメディ
●監督:トム・ゴーミカン
●出演:ニコラス・ケイジ、ペドロ・パスカル、ニール・パトリック・ハリス 他
●劇場上映


The Northman
ザ・ノースマン



物語のべースはシェイクスピアの「ハムレット」。10世紀のアイスランド。勇敢なバイキングの王である父親と美しく優しい母親の愛を受け、王子アムレートはいつか自分も父親のように人に慕われ尊敬されるリーダーになりたいと武術、勉強に励んでいた。しかしまもなく、父親は叔父に殺され、母親も囚われの身となってしまう。アムレートはまだ歳若く一旦は王国から逃れるが、仇である叔父への復讐を誓い、母親の救出を決意する。大人になったアムレートは叔父の領地内に奴隷として入りチャンスをうかがう。歌手のビョークが「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)以来の長編映画出演とあって話題を呼んでいる。

●公開日:4月22日
●2時間17分/R、アクション/アドベンチャー
●監督:ロバート・エッガース
●出演:アレクサンダー・スカルスガルド、ニコール・キッドマン、アニャ・テイラー=ジョイ 他
●劇場上映


Memory
メモリー



スリラー小説を原作とするベルギー/映画のリメイク。アレックスはプロのヒットマン。腕も確かなうえ、殺しもビジネスライクで淡々と請け負うことからその道では定評がある。最近アレックスは不意に頭にかすみがかかったような状態に陥る。疲れとストレスのせいだと自分に言い聞かせてはいるが何かがおかしいと気づいている。そんな時に入った新たな仕事でアレックスは殺しのターゲットが少女だと分り依頼を拒否するが、逆に犯罪組織から命を狙われる。殺される前に組織をつぶさなければならないが、FBIが組織壊滅に加わり混沌とした展開となる。

●公開日:4月29日
●1時間54分/R、アクション/スリラー
●監督:マーティン・キャンベル
●出演:リーアム・ニーソン、ガイ・ピアース、モニカ・ベルッチ 他
●劇場上映


2022年4月8日掲載

Tokyo Vice
トウキョウ・バイス(ドラマシリーズ/全8話)



外国人初の大手新聞社の記者となったジェイク・エーデルスタインが日本の暴力団の実像を暴き出すスリラーサスペンス。原作はエーデルスタイン著のノンフィックション「トウキョウ・バイス:アメリカ人記者の警察回り体験記」(2009年)。「ヒート」「マイアミ・バイス」などの監督マイケル・マンがプロデューサー、監督を担当。主人公エーデルスタインにはスピルバーグ監督の「ウエスト・サイド・ストーリー」でトニー役を演じたアンセル・エルゴートが熱演する。ミズーリー出身のエーデルスタインは19歳で来日し上智大学で日本文学を専攻、93年に読売新聞社に入社。埼玉県暴力団対策課を担当したことがきっかけで裏社会への取材を掘り下げていく。

●公開日:4月7日
●クリエーター:J.T.ロジャース
●出演:アンセル・エルゴート、渡辺謙、菊池凛子、山下智久 他
●HBO MAX配信


Roar
ロアー(ドラマ・シリーズ/全8話)



「P.S.アイラブユー」などのアイルランド作家セシリア・アハーンの同名短編集をドラマ化。女性であることの意味、家庭や社会で直面する疑問、困難などを時にコミカルにあるいはホラー的に描いている。ネットフリックスの人気ドラマ「Glow」のクリエーターによる自信作でもある。エピソードはそれぞれ年代の異なる8人の女性にフォーカスを当て、夫、家族ら彼女らを取り巻く人々の視点も重ねる。ニコール・キッドマン、「Glow」のアリソン・ブリーら個性豊かなキャスティングも話題だ。

●公開日:4月15日
●1話30分
●クリエーター:リズ・フラハイブ、カーリー・メンチ
●出演:ニコール・キッドマン、シンシア・エリボ、アリソン・ブリー 他
●Apple TV+配信


Ambulance
アンビュランス



2005年のデンマーク映画のリメイク。舞台はロサンゼルス。退役軍人のウィルは幼子と妻の三人でつつましく暮らしていたが妻のエイミーが20万ドルを超す高額医療の手術を受けなくてはならなくなった。困り果てたウィルは血のつながりはないが兄弟として育った弟のダニーに相談する。ダニーは札付きの犯罪者でちょうど銀行強盗の計画を練っていた最中だった。仲間に引き入れるには絶好のタイミングとウィルに話を持ち掛ける。真面目に働いてきたウィルは驚くが、20万ドルもの大金を得るにはこれしかないと引き受ける。計画では誰も怪我することなく手際よく金を奪えるはずだったのだが。

●公開日:4月8日
●2時間16分/R
●監督:マイケル・ベイ
●出演:ジェイク・ギレンホール、ヤーヤ・アブトゥル=マティーンII、エイザ・ゴンザレス 他
●劇場上映


All the Old Knives
オール・ジ・オールド・ナイヴス



ロイヤル・ヨルダン航空127便がハイジャックされ、乗客100人以上が命を失ったが、この事件がCIAエージェントの情報リークによるものだったと知ったCIAはベテラン工作員のヘンリーにこの人物の特定を命じた。ヘンリーはかつての同僚と会うためにオーストリア、イギリス、カリフォルニアとへ飛び、二重スパイのあぶりだしを始める。内部でのスパイ探しは徹底した秘密裡に行わなければならず、困難を極める。その中でかつて恋人関係にあったシーリアとも再会し、ヘンリーは複雑な心境になる。

●公開日:4月8日
●1時間41分/R
●監督:ヤヌス・メッツ
●出演:クリス・パイン、タンディ・ニュートン、ローレンス・フィッシュバーン 他
●劇場上映






2022年3月25日掲載

The Lost City
ロスト・シティ



ロマンスと冒険をミックスさせた小説を得意とする作家ロレッタは、新作のプロモーションのためブックツアーをスタートさせる。ツアーを盛り上げるために出版元は、作品の中の主人公ダッシュに扮するモデル、アランを同行させる。ロレッタは外見だけの軽薄そうなアランが大嫌いだが女性には大人気で本も売れるので目をつぶる。そんなところに「あなたの小説に感動した。物語の中に出てくるロスト・シティとそこに眠る財宝を探しに行こうではありませんか」と大富豪のフェアファックスが現れる。しかも否応なしにロレッタは飛行機で、ジャングルに覆われた彼の地(かのち)に連れていかれてしまう。

●公開日:3月25日
●1時間32分/PG-13
●監督:アーロン・ニー、アダム・ニー
●出演:サンドラ・ブロック、チャニング・テイタム、ブラッド・ピット 他
●劇場上映


Everything Everywhere All at Once
エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス



SFコメディ・ファンタジーとでも言おうか、かなりエキセントリックな作品。「グリーンデスティニー」「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」など香港・ハリウッド映画で活躍するアジア系女優ミシェル・ヨーがマルチ・バースの世界でド派手に暴れまくる痛快コメディ。イヴリンは税申告準備の真っ最中。テーブル一面に並べた領収書とにらめっこをしても、あまりの多さにまとまりがつかずに混乱。役所に相談しても担当者の口から出るのは否定的な言葉ばかり。で、プツンと切れてしまったのか、イヴリンは突如、見知らぬ世界に引き込まれる。しかもその世界はいくつもあり、自分もその世界に応じて次々と姿を変えるのだ。

●公開日:3月25日
●2時間20分/R
●監督:ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナート
●出演:ミシェル・ヨー、ジェイミー・リー・カーティス、ステファニー・スー 他
●劇場上映


Morbius
モービウス



科学者だったアダムの父親はアダムがまだ小さい頃に行方不明になった。よく遊んでくれた大好きな父が突如いなくなったことでアダムの心はすさみ、学校でクラスメートと喧嘩をしては先生に叱られていた。ある夜、近くの雑木林に何か光るものがあるのに気づき行ってみると、飛行機が墜落したらしく怪我を負った男を見つけた。アダムは最初、男の言うことを理解できなかったが、どうやら男は十数年後の自分だということが分かる。大人のアダムは地球の未来を救うために、昔、宇宙のポケットに入ってしまった父親と少年アダムの協力を必要としていた。

●公開日:4月1日
●1時間48分/PG-13
●監督:ダニエル・エスピノーサ
●出演:ジャレット・レト、マット・スミス、マイケル・キートン 他
●劇場上映


Moon Knight
ムーン・ナイト(ドラマ・ミニシリーズ/全6話)



マーベル・コミックのダークヒーロー、ムーン・ナイトの実写版。6話構成の「シーズン1」となっていることから、シリーズ化が期待されている。博物館のギフトショップで働くスティーブン・グラントはごく普通の温厚な男性だ。しかし彼には重度の睡眠障害があり、時に現実と夢の区別がつかなくなる。夢の中では白い衣装をまとった男がたびたび現れるのだが、本当に夢の中だけなのかも確信が持てない。ある日、自分の部屋にあった見知らぬ携帯電話が鳴り、出ると自分を「マーク」と呼んでいる女性の声が聞こえる。スティーブンはもしかして自分の中にはもう一人の自分がいるのではと疑い始める。

●公開日:3月30日
●監督:モハメド・ディアブ
●出演:オスカー・アイザック、イーサン・ホーク、メイ・カラマウィ 他
●劇場上映
●Disney+配信


2022年3月11日掲載

The Outfit
アウトフィット



レオナルドは腕の良いテイラーだ。ロンドンの中心部にある通り、サヴィス・ロウには王族や政治家の特注でスーツを仕立てる高級紳士服店が並ぶ。彼はそこで腕を磨きひいき客も多くいたが、ある事情でロンドンを離れアメリカのシカゴで仕事を始めた。それもかなり治安の悪い地域でだ。レオナルドの顧客は金に糸目をつけないギャングの幹部クラスがほとんど。当然、ギャング同士の抗争にも巻き込まれ、危うい出来事にも遭遇するがレオナルドの職人根性がサバイバルへの意外な威力を発揮する。

●公開日:3月18日 
●1時間45分/R
●監督:グレアム・ムーア
●出演:マーク・ライランス、ゾーイ・ドゥイッチ、ジョニー・フリン 他
●劇場上映


Operation Fortune: Ruse de guerre
オペレーション・フォーチュン:リュズ・ド・ゲール 



政府の特殊任務をプライベートで請け負うオーソン・フォーチュンの新たな仕事は武器売買の阻止。億万長者で武器商人グレッグ・サイモンズが大量殺戮の秘密兵器をテロリストに売りさばこうとしていた。フォーチュンはチームと作戦を練り、ハリウッドの大物スター、ダニー・フランセスコを一枚かませることにした。フランセスコほどの知名度があればサイモンズに近づくことが可能だからだ。フランセスコは人気俳優の自分がなんでそんな危険な目にあわなければならないのかと断るが俳優生命が脅かされるほどの弱みを握られ嫌々協力することに。

●公開日:3月18日
●2時間5分
●監督:ガイ・リッチー
●出演:ジェイソン・ステイサム、ヒュー・グラント、ジョシュ・ハートネット 他
●劇場上映


Turning Red
私ときどきレッサーパンダ



ピクサーとディズニーのコンピュータアニメ。ピクサーでは女性監督による初の作品だ。メイは13歳の朗らかな少女。目上を敬う家風で両親は娘がまじめで良い子だと信じている。もちろんそれはそうなのだが、ティーンエージャーになっていろいろ興味の幅も広がってきたメイにとってはちょっぴり羽目を外したいときもある。ある晩、メイは自分が真っ赤なレッサーパンダになった夢を見た。しかしそれは夢ではなかった。興奮したり怒ったりすると突如巨大なレッサーパンダに変身してしまう、というなんとも困った現象が先祖代々からの遺伝子に組み込まれていたためで友だちも大騒ぎ。

●公開日:3月11日
●PG
●監督:ドミー・シー
●声:ロザリー・チアン、サンドラ・オー、ジェームス・ホン 他
●Disney+配信


The Adam Project
アダム&アダム



科学者だったアダムの父親はアダムがまだ小さい頃に行方不明になった。よく遊んでくれた大好きな父が突如いなくなったことでアダムの心はすさみ、学校でクラスメートと喧嘩をしては先生に叱られていた。ある夜、近くの雑木林に何か光るものがあるのに気づき行ってみると、飛行機が墜落したらしく怪我を負った男を見つけた。アダムは最初、男の言うことを理解できなかったが、どうやら男は十数年後の自分だということが分かる。大人のアダムは地球の未来を救うために、昔、宇宙のポケットに入ってしまった父親と少年アダムの協力を必要としていた。

●公開日:3月11日
●1時間46分/PG-13
●監督:ショーン・レヴィ
●出演:ライアン・レイノルズ、マーク・ラファロ、ジェニファー・ガーナー 他
●Netflix配信


2022年2月25日掲載

The Batman
ザ・バットマン



DCコミックスのスーパーヒーロー、バットマンの映画はざっと数えただけでも20以上。有名どころはクリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベール主演のバットマン三部作(2005、08、12)だが、リブート版となる本作が新たなるバットマンの魅力を引き出せるかがカギとなる。バットマンを演じるのは「トワイライト」シリーズでブレイクした後、アイドルイメージを払しょくし「グッドタイム」「ライトハウス」などクオリティの高い作品を選び演技力を磨いているロバート・パティンソン。悪人退治が2年目に入り、バットマンはゴッサムシティでエリートばかりを狙う殺人鬼リドラーと対決することになる。

●公開日:3月4日
●2時間55分/PG-13
●監督:マット・リーヴス
●出演:ロバート・パティンソン、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ 他
●劇場上映


Dog
ドッグ



人と犬のふれあい物語はいずれも心温まる定番テーマ。アクション、コメディと幅広く活躍するチャニング・テイタムの長編監督デビュー作。米陸軍レンジャーのブリッグスは怪我で長期休職していたがすっかり回復し早く任務に戻りたかった。任務復帰の条件に提示されたのがワシントン州ルイス・マコード基地からアリゾナ州ノガレスまでシェパードの軍用犬ルルを連れていくこと。ルルはブリッグスの昔の同僚で亡くなったライリーの相棒で数々の戦場で活動した。彼女の葬式に間に合うようにブルッグスは古びたフォード・ブロンコでルルと太平洋沿岸を南下。「二人」の珍道中はいかに。

●公開日:2月18日
●1時間半/PG-13
●監督:チャニング・テイタム、リード・キャロリ
●出演:チャニング・テイタム、ジェーン・アダムス、ケビン・ナッシュ 他
●劇場上映


Cyrano
シラノ



戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」をベースに「プライドと偏見」「つぐない」などのジョー・ライト監督が斬新なミュージカル・ロマンスに仕立てた。原作はあまりにも有名だが、シラノ役を大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローン」でティリオン・ラニスターを演じたピーター・ディンクレイジが熱演し注目を集めている。17世紀のフランス。シラノは腕の立つ騎士であり詩人、音楽家、哲学科と多才だが容姿に恵まれず女性に対しては自信が持てない。秘かに従姉妹のロクサーヌに恋していたがもちろん打ち明ける勇気はない。そんな時、シラノの騎士仲間クリスチャンがロクサーヌに好意を持ち、シラノに仲を取り持ってほしいと頼んできた。

●公開日:2月25日
●2時間4分/PG-13
●監督:ジョー・ライト
●出演:ピーター・ディンクレイジ、ヘイリー・ベネット、ケルヴィン・ハリソンJr 他
●劇場上映


Fresh
フレッシュ



恋人探しは楽じゃない。職場での出会いなら素性も人柄もある程度分かるし客観的に見ることも可能でお互い気が合えばラッキー。しかし現実は出会いの機会は限られ、多くの人はデーティング・サービスやマッチングアプリを使って相手探しをすることになる。ノアもそんな女性の一人でブラインドデートはハズレばかり。ところがスーパーでの買い物中に出会ったスティーブはとても快活ですがすがしい好青年でノアは惹かれてしまう。しばらくデートを重ねたある日、スティーブが週末をかけて旅行しないかと誘ってきた。しかし、スティーブにはノアが知らないある大きな秘密があった。

●公開日:3月4日
●1時間54分/R
●監督:ミミ・ケイヴ
●出演:デイジー・エドガー=ジョーンズ、セバスチャン・スタン、シャーロット・ル・ボン 他
●Hulu配信






2022年2月11日掲載

Death on the Nile
ナイル殺人事件



お馴染みアガサ・クリスティのミステリー。原作は1937年の小説「ナイルに死す」。「オリエント急行殺人事件」(2017年)に続き、ケネス・ブラナーが監督・主演を担当、「ワンダー・ウーマン」シリーズ主演のガル・ガドットや演技力抜群のアネット・ベニングら多彩な顔ぶれだ。客船S.S.カルナック号はゆっくりとナイル川を航行していた。富豪たちが集まる船内はちょっとした社交場で毎晩のように華やかなパーティも行われていた。その和やかな雰囲気はある乗客が殺されたことで一変する。たまたま船に乗り合わせていたベルギーの名探偵エルキュール・ポアロは事件の捜査を引き受けることになる。

●公開日:2月11日
●2時間7分/PG-13
●監督:ケネス・ブラナー
●出演:ケネス・ブラナー、ガル・ガドット、アネット・ベニング 他
●劇場上映


Blacklight
ブラックライト



トラヴィス・ブロックは危険なミッションを政府から秘密裡で受ける影の男だ。任務に失敗した場合に依頼元が分かると複雑な外交問題に発展する可能性があるため、政府の表立った作戦として遂行できない仕事を請け負う。しかし、ブロックは常に危険にさらされるこの仕事はそろそろ終わりにしたいと考えている。娘にはいい親ではなかったが、孫も生まれた今、彼女らのためにそばにいて見守ってやれる存在になりたかったのかもしれない。しかし、現実はブロックを任務から解放してはくれなかった。一般市民を恐怖に陥れる「ユニティ作戦」の存在を知ったブロックはその組織の解明に乗り出すが影の組織はブロックの動きを察知し、彼の娘と孫を拉致する。

●公開日:2月11日
●1時間48分/PG-13
●監督:マーク・ウィリアムス
●出演:リーアム・ニーソン、ティム・ドラックス、エイダン・クイン 他
●劇場上映


Uncharted
アンチャーテッド



ソニー・インタラクティブエンタテインメントによるアクションアドベンチャー系ゲーム・シリーズの実写版。スパイダーマンで人気急上昇のトム・ホランドが度肝を抜くアクションの連続に挑戦。ニューヨークでバーテンダーとして働いていたドレイクはビクター・サリバンという男から50億ドルの宝を一緒に探さないかと誘われる。冗談かと思ったが昔、失踪したドレイクの兄サムをサリバンが知っていたことでドレイクは財宝探しに興味を持つ。どこかでサムと財宝が結びついている気がしたからだ。二人は手掛かりとなる金の十字架を手に入れるが財宝を探しているのはサリバンとドレイクだけではなかった。

●公開日:2月18日
●1時間56分/PG-13
●監督:レーベン・フライシャー
●出演:トム・ホランド、マーク・ウォールバーグ、アントニオ・バンデラス 他
●劇場上映


Reacher
リーチャー(ドラマ、全8話)



イギリスの推理小説家リー・チャイルドの「ジャック・リーチャー」シリーズのドラマ版で、元米陸軍内部調査部の軍人リーチャーが退役後に放浪の旅を続け、訪れる街で数々の事件に遭遇する物語だ。今回、リーチャーはジョージアのある町でグレイハウンドのバスを降りた。カフェに入るや否や警官が駆けつけ、殺人の容疑で連行されてしまう。2012年と16年の映画版ではトム・クルーズが主演したものの評判は今一つ。本作でリーチャーに扮するのはドラマ「タイタンズ」にホーク役で出演するマッチョタイプのアラン・リッチソン。クルーズとは異なり「原作に近いリーチャー」ということから、ファンの間では期待大!

●公開日:2月4日
●クリエーター:ニック・サントラ
●出演:アラン・リッチソン、マルコム・グッドウィン、クリス・ウエブスター 他
●Amazon Prime配信


2022年1月28日掲載

Belle
竜とそばかすの姫



スタジオ地図制作の日本アニメ。昨年のカンヌ国際映画祭に選出。ストーリー「美女と野獣」をインターネットの世界で描き出す。幼い頃に母親を亡くし悲しみを引きずる女子高生すずが、世界から50億人が集まるインターネットの仮想世界「U」でベルという女の子として参加、好きだった歌を思いきり歌ううちに歌姫的存在になっていく。しかし仮想世界は楽しいことばかりではなく、様々な出来事に遭遇。上映は日本語版(英語字幕)と英語吹き替え版があり、カイリー・マクニールが担当する歌も日本語版に負けないくらい素晴らしい出来だ。

●公開日:1月14日
●2時間4分/PG
●監督:細田守
●声:中村佳穂、役所広司、成田凌 他
●劇場上映


Parallel Mothers
パラレル・マザーズ



鬼才ペドロ・アルモドバル監督の新作。ジャニスとアナはともに妊娠中で同じ病院で知り合った。ジャニスは、40代の写真家で妻子ある男性の子を身ごもった。自分の年齢を考えればこのチャンスを逃せば一生子どもを持つことはできないと産むことを決断。一方、20代のアナは予定外の妊娠の上、相手と結婚する状況にもない。中年のジャニスは自分一人で生活を支えていくことに多少の不安はあるものの人生の経験も豊富で覚悟を決めている。しかし、若いアナは不安でたまらず緊張の連続だ。シングルマザーという同じ立場に置かれた二人の友情と人生における喜びを描く。ジャニスを演じたクルスは本作品で第78回ヴェネチア国際映画祭主演女優賞を受賞している。

●公開日:1月21日
●2時間3分/R
●監督:ペドロ・アルモドバル
●出演:ペネロペ・クルス、ミレナ・スミット、スラエル・エレハルデ 他
●劇場上映


Moonfall
ムーンフォール



「インディペンデンス・デイ」「ゴジラ」など破壊力抜群のアクションで定評のエメリッヒ監督の新作。未知の力により月が地球の軌道から外れてしまった。数週間で地球に激突する可能性が大だ。世界各国の科学者たちはどうしたら衝突を避けられるか知恵を絞るが得策はない。そうした中、元宇宙飛行士のジョー・ファウラーはあるアイディアをおもいつく。しかしほとんどの科学者はジョーの考えは無謀すぎると反対の声が大きい。ジョーは死を覚悟で、その秘策を信じる二人の友人とともに地球を救う不可能なミッションに挑む。

●公開日:2月4日 
●2時間4分/PG-13
●監督:ローランド・エメリッヒ
●出演:ハル・ベリー、パトリック・ウィルソン、ジョン・ブラッドリー 他
●劇場上映


Munich - The Edge of War
ミュニック - ジ・エッジ・オブ・ウォー



第二次大戦前の1938年、チェコスロバキアのズデーテン地方帰属問題解決のためにミュンヘンで開かれた国際会議をテーマにしたサスペンス。原作は英作家ロバート・ハリスのベストセラー小説「Munich」。ヒットラーがドイツ系住民が多数を占めるズデーテン地方はドイツに帰属するべきという主張に対し、イギリスはなんとか平和的解決を図ろうとミュンヘンで主要国参加による会議を提案。この会議に送り込まれたイギリス官僚レガートとドイツ外交官ハルトマンは昔、留学先で親交があった旧知の友人で二人は予期せぬ政治的策略に巻き込まれていく。

●公開日:1月21日
●2時間3分/PG-13
●監督:クリスティアン・シュヴォホー
●出演:ジョージ・マッケイ、ジェレミー・アイアンズ、ヤニス・ニーヴーナー 他
●Netflix配信






2022年1月14日掲載

The King's Man
ザ・キングス・マン



スパイ映画「キングスマン」シリーズの第3弾。一作目「キングスマン:シークレットサービス」(14年)のプリクエルとなり、キングスマンの誕生の秘話に迫る。名門貴族オーランド・オックスフォード公は軍人だったが、戦争がもたらす悲惨さ、敵対する国ごとの駆け引きなどに嫌気がさし、退役後に赤十字の活動に加わる。1902年、妻エミリー、息子コンラッドとともに活動のために南アフリカの英軍基地を訪問するが妻が殺され、軍への入隊を決意した息子も命を落としオーランドは絶望の淵をさ迷う。だが、国が危険にさらされている現状を見過ごすことはできなかった。

●公開日:12月22日
●2時間11分/R
●監督:マシュー・ヴォーン
●出演:レイフ・ファインズ、ジェマ・アタートン、ジャイモン・フンスー 他
●劇場上映


The 355
ザ・355



「007」「ミッション:インポッシブル」の女性版を目指すスパイアクション。「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステインが企画し、自らも製作・主演。5ヵ国の女性スパイたちが結束してテロリストを阻止するストーリー。米独立戦争の時代に355のコードネームを持つ女性スパイが実在したといわれ、それにちなんだタイトルだ。最先端の大量殺人兵器がテロリストの手に渡り、第三次世界大戦が仕掛けられる危険性が高まった。CIAのメイソンはイギリス、ドイツ、コロンビアなどのエージェントに協力を頼み、兵器のありかを探し出すためにパリ、モロッコ、上海へと活動を広げる。

●公開日:1月7日
●2時間2分/PG-13
●監督:サイモン・キンバーグ
●出演:
ジェシカ・チャステイン、ペネロス・クルス、ダイアン・クルーガー 他
●劇場上映


The Tender Bar
ザ・テンダー・バー



原作はJ・R・モーリンガーの同名回顧録。J・Rは自分の父親を知らない。彼が生まれてすぐに両親は別れ、J・Rが少年の頃に母とともに祖父が住む町に引っ越した。そこで会った叔父に当たるチャーリーは自分が青年になるまで父親のような存在となった。チャーリーは野球やボーリングなどいろいろなスポーツをJ・Rに教えるが、J・Rはどうもスポーツより読書が好きなようだ。J・Rが好きなことはなんでも後押しするチャーリーの激励でJ・Rはイェール大学に進み自分の夢を実現する。物書きとしてのJ・Rのバックボーンは祖父、叔父ら家族に囲まれて過ごした日々の思い出と経験だった。

●劇場12月22日、Amazon Prim1月7日
●1時間44分/R
●監督:ジョージ・クルーニー
●出演:ベン・アフレック、タイ・シェリダン、クリストファー・ロイド 他
●劇場上映


Hotel Transylvania:Transformania
モンスター・ホテル4



シリーズ4作目。当初2021年10月の公開予定だったがコロナ禍で公開のタイミングを逸したソニーピクチャーズがアマゾンに放映権を1億ドルで売却、やっと日の目を見ることになった。トランシルバニア・ホテルは世界中のモンスター御用達の高級リゾートホテル。オーナー支配人ドラキュラ伯爵の娘メイヴィスが人間ジョニーと結婚し、息子が生まれドラキュラ・ファミリーは友人、知人を含めモンスターと人間がうまい具合にミックスされている。しかし、ヴァン・ヘルシング教授が発明した「モンスター化光線」の完成度が今イチでモンスターが人間になってしまう不具合が起こった。そう、ドラキュラ伯爵もただの人間になってしまったのだ。

●公開日:1月14日
●1時間34分/PG
●監督:ジェニファー・クルースカ、デレク・ドライモン
●声:ブライアン・ハル、セレーナ・ゴメス、アンディ・サムバーグ 他
●Amazon Prime


2021年12月17日掲載

Matrix Resurrections
マトリックス・レザレクションズ



シリーズ4作目で前作「マトリックス・リボルーションズ」から18年を経た続編。ネオ(リーブス)とトリニティ(アン・モス)は続投。前3作の脚本・監督はリリーとラナのウォシャウスキー姉妹だが、本作はラナが担当。予告編はサンフランシスコで静かに暮らすネオがセラピストのセッションを受けているところから始まる。過去の記憶が切れ切れにネオの脳裏によみがえり、それが何を意味するのかネオは考えあぐんでいる。青いピルと赤いピル。カフェで見知らぬ者同士として再会するネオとトリニティ。再び彼らはマトリックスの世界へと引き込まれるのか。

●公開日:12月22日
●2時間28分/R
●監督:ラナ・ウォシャウスキー
●出演:キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット・スミス 他
●劇場上映


Spider-Man: No Way Home
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム



マーベル・コミックのヒーロー、スパイダーマン。「ホームカミング」、「ファー・フロム・ホーム」に続くトム・ホランド主演のシリーズ3作目。前作でミステリオによってスパイダーマンがピーター・パーカーであることを暴露され、ピーターの生活は一変。どこにでもいそうな普通の高校生が実は悪から人々を救うスーパーヒーローだったと大騒ぎ。うんざりしたピーターはヒーロー仲間のドクタ・ストレンジに、皆の記憶を消してピーターがスパイダーマンと分かる前に戻してほしいと頼み込む。しかし、遡って事実を変えることで新たな脅威が出現する。

●公開日:12月17日
●2時間35分/PG-13
●監督:ジョン・ワッツ
●出演:トム・ホランド、ゼンディア、ベネディクト・カンパーバッチ 他
●劇場上映


Nightmare Alley
ナイトメア・アリー



ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの同名小説をギレルモ・デル・トロが映画化。華やかさと恐怖が交錯する幻想の世界を巧みに描き出すネオノアール調サイコスリラーだ。1940年代、ショービジネスでの成功を狙うスタンは各都市をめぐる移動カーニバルに目を付け読心術を使った舞台で脚光を浴びる。スタンのステージ・アシスタントで美しいモリーの存在も人気に拍車をかけている。ニューヨーク社交界でも名前が知られるようになったスタンは謎めいた精神科医と結託し、ある富豪を騙し大金を手に入れようとする。しかしスタンが予想した筋書きとはかけ離れた驚愕の展開が待ち受けていた。

●公開日:12月17日
●2時間半/R
●監督:ギレルモ・デル・トロ
●出演:ブラッドリー・クーパー、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ 他
●劇場上映


Being the Ricardos
ビーイング・ザ・リカルドス



1950年代に放送されたコメディ・シリーズ「アイ・ラブ・ルーシー」はだれでも知っている。その主役ルーシーを演じた女優でプロデューサでもあるルシル・ボールの伝記物語だ。「モーリーズ・ゲーム」のアーロン・ソーキンが脚本・監督を担当。ルシルの夫でありドラマの中でもルーシーの夫リッキー・リカルドを演じたデジ・アーナズとルシルの関係、彼らが直面する舞台裏の問題や私生活のプレッシャーなどが語られる。ルシルを演じるのはニコール・キッドマン。キッドマンが第一候補ではなったとか、デブラ・メッシングが適役だとかいろいろキャスティングには横やりも入ったが、さすが名女優キッドマンだけあって、ルックスだけでなく演技力でも勝負の中身だ。

●公開日:12月10日
●2時間5分/R
●監督:アーロン・ソーキン
●出演:ニコール・キッドマン、ハビエル・バルデム、J.K.シモンズ 他
●劇場上映
●Amazon Prime:12月21日から配信





HOME