2024年5月31日号 Vol.470

第7回SJAC年次展
日米親睦と交流
ギャラリーマックスで

ニューヨークを拠点とする日米のアーティスト・コミュニティー「SJAC(エスジャック:Society of Japanese and American Creators)」の第7回年次展覧会が、6月4日(火)から15日(土)まで、ソーホーのギャラリーマックス・ニューヨークで開催される。

オープニングレセプションは6月8日(土)午後4〜7時。5時30分からは、アーティスト・インタビューなどのバーチャルライブも配信される。

SJACは20 17年6月発足。以来、年次展を軸に毎年いくつかの個展・グループ展を企画・運営し、日米芸術家の親睦と文化交流を図っている。

今回のグループ展は、ニューヨーク在住作家25人(そのうち初参加が5人)と、日本からのメンバー2人が参加する。


[広告]
このうち日本人作家は、板東綾子、古川レオナート文香、平之内美穂、廣瀬公美、百田和子、鞍井綾音、久住真理子、神舘美会子、永野みき、大野廣子、及川ひろみ、奥村泰子、大槻素子、佐治宣子、鈴木克美、竹田あけみ、イズ・ワタナベ、由賀子ほか。日本からはシアカ章子、行近壯之助が出品する。

■6月4日(火)〜15日(土)
■オープニングレセプション:8日(土)4〜7pm
※5:30pmからバーチャルライブ配信:要登録
 sjacny.org/contact
■会場:Gallery Max New York
 552 Broadway #401, Buzz #9
■TEL: 212-925-7017
■問合せ:SJAC HPから 
www.sjacny.org


HOME