ニューヨーク・イベント情報 2020年1月10日号 Vol.365
アート ブロードウェイ スポーツ 映画 コンサート パフォーマンスアクティビティー  その他 コミュニティ情報

ご注意:記載のチケット料金は最低料金の目安です。プレミアムチケット、ディスカウントチケット等が出回る場合もあり、売り切れの場合もございます。詳しくは各イベントへお問合せください。また掲載イベントは予告なくキャンセル/変更となる場合もございます。予めご了承ください。


イベント情報 2020年1月10日~


ジャズ・アット・キタノ


JAZZ at KITANO
The Kitano Hotel New York
66 Park Ave. @38th St.
Tel 212-885-7119 jazz@kitano.com
www.kitano.com


予約時に「よみタイムを見た」と告げるとワインまたはビール1杯サービス(1名様につき1杯)
・ウォークインには適用不可
・週末やブランチもOK
・何度でも利用可

 



1月7日(火)

オペラ「ヴォツェック」


南アフリカ、ヨハネスブルグ出身の現代アート作家、ウィリアム・ケントリッジ演出の第3弾。恐ろしいほどの迫真の表現は今世紀屈指の傑作と評価。1821年、ドイツの小さな町で実際に起きた事件が題材。理髪師上がりの貧乏兵士のヴォツェックは、愛人のマリーと子どもを養うため、医師の研究室で実験台となっている。貧乏暮らしに疲れたマリーは、鼓手長の誘いに乗り、ヴォツェックを裏切る。愛人の浮気に気づいたヴォツェックは酒場で踊るマリーと鼓手長を目撃し、マリーへの殺意を抱く。鼓手長はマリーをものにしたことを自慢してヴォツェックをからかう。たまりかねて鼓手長に挑みかかるが、逆にやっつけられ絶望感に襲われる。一方、マリーは不倫したことを悔やむが、ヴォツェックはマリーを森へ連れ出し、口論の末、ついにナイフで刺し殺して自分も狂乱状態となり、沼で溺れ死んでしまう。

Wozzeck 新演出 ドイツ語上演
1月7日/11日(M)/16日/19日(M)/22日
The Metropolitan Opera House
30 Lincoln Center Plaza
212-362-6000
metopera.org


1月9日(木)

ウィンター・ジャズ・フェスティバル


100グループ以上ものジャズ・ミュージシャンが10夜に渡ってプレイするジャズ・イベント「Winter Jazz Fest」が開催される。プレイヤーはUKなど世界から集結。特に、10, 11日は、各夜、約30以上ものパフォーマンスが行われるジャズ・マラソンが開催される。ジャズを思う存分堪能出来る、ジャズ好きには堪らないイベント。ジャズ初心者にとってもあらゆるジャンルのジャズが楽しめるジャズのショーケース。(Photos by Emra Islek)

1月9日(木)~18日(土)6:00pm
マンハッタン、ブルックリンの各所
$15~
winterjazzfest.com



1月10日(金)

キュレーターズ・チョイス2019


映像博物館「ミュージアム・オブ・ムービング・イメージ」で、「Curators' Choice 2019」が開催中。同館のフィルム・キュレーターのエリック・ハインズとアシスタント・キュレーターが、2019年に公開された映画から注目すべき作品を選出した。アレックス・ロス・ペリー監督の「ハー・スメル」=写真=、ペニー・レイン監督の「Hail Satan?」、ネイサン・シルヴァー監督の「Cutting My Mother」、ブレット・ストーリー監督の「The Hottest August」では、それぞれ監督が来場する。詳細はオフィシャルサイトで確認を。

1月12日(日)まで
Museum of the Moving Image:36-01 35 Ave., Astoria
一般$15〜、学生/シニア$11〜、3-17歳$9〜
www.movingimage.us
★以下抜粋
Her Smell :1月10日(金)7:00pm
Hail Satan?:1月11日(土)2:00pm
Cutting My Mother:1月11日(土)7:00pm
The Hottest August:1月12日(日)4:30pm


JS現代演劇「となり街の知らない踊り子」


ジャパン・ソサエティー(JS)が1月10日(金)・11日(土)・12日(日)と14日(火)の4日間、劇団・範宙遊泳(はんちゅうゆうえい)による現代演劇「となり街の知らない踊り子」を上演する。日本語上演、英語字幕付き。全4公演。範宙遊泳を主宰する山本卓卓(やまもと・すぐる)は、今日本で最も注目を浴びている若手演出家・劇作家。2017年2月にもJSで「Girl X」を北米初演し、好評だった。今回は新作品を引っ提げての来米上演。山本の脚本・振付・演出、北尾亘(きたお・わたる)の振付・出演。ダンサー兼役者の北尾が、女子高生から年老いた男性まで、複数のキャラクターを一人で演じるひとり芝居。色鮮やかに映写される文字と会話しながら、全くつながりのないはずのランダムな都会人の、無機質さと温もりの微妙な並存関係を、コンセプチュアルに描き出す。映写されたテキストと、役者が会話をするという、山本独特の演出は、ソーシャルメディアを主なコミュニケーション手段にする現代人を象徴しているとも言える。その孤独さと、ふれあいの不在を際立たせている。10日は終演後にレセプションが、11日は質疑応答が予定されている。(Photo by © Ryuichiro Suzuki)


1月10日(金)7:00pm(終演後レセプション)
1月11日(土)7:00pm(終演後Q&A)
1月12日(日)1:00pm
1月14日(火)7:00pm
会場:Japan Society:333 E. 47th St.
チケット:一般$35、JS会員$30
www.japansociety.org

1月12日(日)

ノーパンツ・サブウェイ・ライド


真冬のニューヨークの恒例行事となった、パンツ(ズボン)を穿かないで下着1枚で地下鉄に乗車するイベント「No Pants Subway Ride」が今年も行われる。参加者はコートやマフラーを着込んだ真冬の服装だが、足元は下着のパンツ1枚だけといういでたちで地下鉄に乗り込み、まるでそれが普通のことのように、本を読んだり音楽を聴いたりして平然と装うことで、一般乗客を驚かせ、笑わせるというもの。突飛で意外な笑いを誘う騒ぎを公共の場で起こすイベントを仕掛けている集団「Improv Everywhere」が主催。世界の25都市でもノーパンツ・イベントが行われている。さらに、参加者と一緒に盛り上がりたければ、公式のアフターパーティーがBar 13 (35 E. 13th St.)で午後4時から10時30分まで行われる。


1月12日(日)3:00pm~5:00pm
New York市内
無料
improveverywhere.com

グローバルフェスト


ワールドミュージックのオリンピックとも言える「globalFEST(以下gF)」。今回で17年目を迎える同音楽祭は、昨年同様、ミッドタウンのコパカバーナで開催される。この一夜の為に世界から集まってくる12組のアーティストたちが、一つの屋根の下、3つのステージに分かれてファンを魅了する。 今年のラインナップはバランス良く、男女の各ソロとグループ、男女混合編成のグループで、出身地、拠点の分布図を見ても、北米、南米、欧州、アフリカ、アジアと地球全体がカバーされている。

グローバルフェスト
1月12日 (日) 6:30pm
The Copacabana
Times Square
268 W. 47th St.
$50
www.copacabanany.com
www.globalfest.org



1月15日(水)

木村恵美「Sculpture Emoji Painting」


アーティスト木村恵美の「Sculpture Emoji Painting」がグランドセントラル駅のカフェ・グランピーで開催。日本でトイ・デザイナーとして活躍してきた木村が、ニューヨークに拠点を移してから初の個展。木村の作品は、幼少期から影響を受けてきた日本の漫画やアニメーションを基に、顔を立体的絵画として表現したもの。さまざまな表情を通した非言語コミュニケーションで、独自の世界観を築き上げている。「世界言語」ともなった日本産の「EMOJI」を、見る者に想い起こさせる。SNS時代を象徴しつつも、老若男女を魅了する、表情豊かな作品群。


1月15日(水)~2月5日(水)
オープニングレセプション1月15日6:00~8:00pm
Café Grumpy Grand Central Terminal内
89 E. 42nd St.
Lexington Passage
入場無料
https://cafegrumpy.com

1月16日(木)

アウトサイダー・アート・フェア


世界7ヵ国35都市から60以上ものギャラリーが集まり「Outsider Art Fair」が開催される。「アウトサイダー・アート」とは、知能や精神障害を持つ者や受刑者など専門的な美術教育を受けていない人たちの創り出すアートのこと。アウトサイダー・アーティストの常識や既成の概念にとらわれない独創的な作品は世界で高く評価されており、フェアには毎年大勢の美術関係者や愛好家が詰めかける。日本からも複数のギャラリーが参加する。


1月16日(木)~19日(日) 木2pm-9pm、金土11am-8pm、日11am-6pm
Metropolitan Pavilion
125 West 18th St.
1日券$30、3日通し券$60
outsiderartfair.com



ヴォーグ・ニッティング・ライブ


ニットの祭典「Vogue Knitting Live!」がタイムズ・スクエアのマリオット・マーキス・ホテルで開催される。全米からニットのプロ、愛好家が集い、ニット関連のショップが多数出店。連日、ニットドール、ニットウェアなど、基礎から専門的なコースまで、著名なニット・アーティストのクラス、講義が開講(有料)。他にもカクテル・レセプションやニット・ライブ・ガラディナーなども開催される。編み物愛好家ならマストゴーのイベント。


1月16日(木)~19日(日)
Marriott Marquis
1535 Broadway, bet 45th & 46th St
$30~
vogueknittinglive.com

1月17日(金)

ヤムス・デー、A$APモブ&フレンズ


ハーレム出身のヒップホップ集団、エイサップ・モブの創設主要メンバーであるエイサップ・ヤムスが2015年1月17日に亡くなってから5年。今年もヤムスを追悼する「YAMS DAY」コンサートが行われる。ヤムスの立ち上げたエイサップ・モブ、モブの共同創設者のエイサップ・ロッキー、エイサップ・ファーグらエイサップ・ファミリーが大集結する。

1月17日(金)8:00pm
Barclays Center
620 Atlantic Ave, Brooklyn
$49~
barclayscenter.com


1月18日(土)

CUPA新春ガラコンサート「歌の架け橋となって」


新春ガラ~日台米親善ファンドレイジング・コンサート「歌の架け橋となって」が開催される。主催は、ニューヨークを拠点にパフォーミングアーツ支援活動を行うNPO「CATCH US PERFORMING ARTS (CUPA)」。プロデュースするのは、宮城県仙台市の「ふるさとの物語制作委員会」代表・大日琳太郎(だいにち・りんたろう)。日台米3ヵ国を音楽で結ぶこの新春特別コンサートには、台湾の「医学士ピアニスト」の異名を持つ林品安(リン・ピンアン)、米国のソプラノ歌手キャロライン・ミラー、日本のバリトン歌手・大山大輔(おおやま・だいすけ)が参加する。公演後にはレセプションが催される。演目は、ピアノ曲「台湾民謡による変奏曲」、 バリトンソロの「荒城の月」(滝廉太郎)、ソプラノソロは、「Caro Como(私のお父さん)」(プッチーニ)、大日琳太郎作曲の返礼歌「これからも。ありがとう」など。

1月18日(土)7:00pm(開場6:30pm)
Scandinavia House
Victor Borge Hall(地下1階)
58 Park Ave.(bet. 37th & 38th Sts.)
入場料:前売$30、当日$35
問合せ:CUPA
TEL: 201-377-8005、info@catchus.org
www.catchus.org


ビア、バーボン、BBQフェスティバル


ビールとバーボンとバーベキューのイベント「Beer, Bourbon & BBQ Festival」が行われる。15ブランド以上のクラフトビールに8ブランド以上のバーボン、そして、ダイナソー・バーベキューなどの有名BBQレストランのプルドポークにビスケット、ベーコンなどサザンスタイルBBQがミュージックと共に楽しめる。また、ビンゴ、ベーコン・イーティング・コンテストやピットマスターのセミナーなどのイベントも盛りだくさん。

1月18日(土) VIP12:00pm-6:00pm、一般2:00pm-6:00pm
Brooklyn Expo Center
72 Noble St, Brooklyn
一般$79、VIP$109
brooklyn.beerandbourbon.com


ハーレム・ゴスペル・クワイア


本格的なゴスペルを聴きながら日曜日のブランチはいかが?日本公演も行っている世界的にも有名なHarlem Gospel Choirのサンデー・ゴスペル・ブランチが行われる。ブランチは食べ放題のバッフェスタイル。ジャズやブルースも取り入れたパワフルなボーカルのゴスペルで、翌週に向けて英気を養おう。尚、月曜日はマーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デーのイベントとなり、ゴスペル・ライブのみでブランチは料金に含まれない。

1月19日(日)1:30pm、20日(月)12:30pm
Sony Hall
235 W 46th St, NY 10036
日$49、月$25
sonyhall.com

1月20日(月)

マーティン・ルーサー・キングJr・イベント


マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デーに、キング牧師を称え、ブルックリンのBAMでイベントが行われる。アクティビストを招いてのトーク、映画「Amazing Grace」上映、コーラスパフォーマンス、アート展などを通して、キング牧師のメッセージを伝え、彼の生涯を祝う。入場無料、先着順となる。

1月20日(月)10:30am
Brooklyn Academy of Music
30 Lafayette Ave, Brooklyn
入場無料、先着順
bam.org

1月21日(火)

レストラン・ウィーク


ニューヨーカーが楽しみに待つ「Restaurant Week」の季節がやって来た。普段は高くてなかなか手が出ない高級レストランもこの期間中だけは、特別なプリフィックス・メニューがお得な値段で食べられるチャンス。市内300ヵ所以上のレストランが参加しているので、今まで行ったことのないレストランを開拓してみよう。日本人にも大人気のレストラン、ノブやメグも参加。人気のレストランは早めの予約を。開催レストランの詳細と予約はウェブサイトで。

1月21日(火)~2月9日(日)
NY市内レストラン
プリフィックス 2コース・ランチ$26、3コース・ディナー$42
nycgo.com/restaurant-week

ブロードウェイ・ウィーク


ブロードウェイ・ファンが楽しみに待つ「Broadway Week」がやってくる。期間中のブロードウェイ・チケットが、2枚購入で1枚分の値段、実質半額になる「2 for 1チケット」が1月8日から販売される。新作のウエスト・サイド・ストーリーをはじめ、フローズン(アナと雪の女王)、ライオンキング、アラジン、シカゴ、オペラ座の怪人など有名作品が目白押し。数に限りがあり人気のチケットは早々に完売するので早めの手配が必要。割引が適用される演目リストおよびチケット購入は、下記オフィシャルサイトから。

1月21日(火)~2月9日(日)
Times Square の劇場
チケット2枚で1枚分の価格
nycgo.com/broadway-week
★ブロードウェイ・ウィーク割引適用演目(1月6日現在)
Ain't Too Proud – The Life and Times of the Temptations
Aladdin
Beetlejuice
The Book of Mormon
Chicago
Come From Away
Dear Evan Hansen
Frozen
Girl From the North Country
Grand Horizons
Harry Potter and the Cursed Child
The Inheritance
Jagged Little Pill
The Lion King
Mean Girls
My Name is Lucy Barton
The Phantom of the Opera
A Soldier's Play
To Kill a Mockingbird 
West Side Story
Wicked

1月22日(水)

アメリカン・ソングブック2020


リンカーン・センター主催、毎年恒例の「Lincoln Center's American Songbook」が今年も開催される。アメリカン・ソングブックは、ポップス、フォーク、キャバレー、R&B、カントリー、ロック、ミュージカルなどのアメリカのポピュラーソングをブロードウェイ・スターや女優など各分野の才能溢れるアーティストたちがコンサート形式で歌うというもの。今年は、ニューヨーク州出身のシンガーソングライターのルーファス・ウェインライト=写真=、カントリー・バンドのカウボーイ・ジャンキーズ、ブロードウェイ女優のアリ・ストローカーなどが出演。多彩で豪華なアーティストたちが顔を揃えている。メイン会場はタイム・ワーナー・センターの5階、セントラル・パークとマンハッタンのすばらしい眺望がコンサートと同時に楽しめるアペル・ルーム。(Photo:Rufus Wainwright, credit: Josep Echaburu)

1月22日(水)〜2月29日(土)
The Appel Room他
On the 5th floor of the Time Warner Center
at Broadway & 60th St
$35〜
americansongbook.org


NY日商新春討論会「大統領選と日米政治経済/アジア情勢」


ニューヨーク日本商工会議所(JCCINY)の恒例・新春討論会が日本クラブで開催される。テーマは「2020年への期待―大統領選と日米政治経済/アジア情勢 」。パネリストに、西岡純子氏(三井住友銀行 シニアエコノミスト)、茅野みつる氏(伊藤忠インターナショナル社長)、武隈喜一氏(テレビ朝日アメリカ社長)、ジェラルド・カーチス氏(コロンビア大学政治学教授)、山崎一民氏(ワシントン・ウォッチ誌編集長)、高井裕之氏(米州住友商事ワシントン事務所長)を迎える。モデレーターは、 岸田芳樹氏(時事通信社ニューヨーク総局長)が務める。2020年は大統領選挙の年。大勢の民主党候補者に加え、マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長も参戦を表明したばかり。弾劾を迫られるトランプ大統領がどう逃げきるのか。大統領選挙の展望と予想を、各パネリストが語る。そしてアジアでは、相変わらず米中貿易戦争が綱引き状態で、日、米、韓の3国同盟も、ここに来てあまり良くない兆しが見える。米中の貿易戦争が日韓にどう影響するのか。米経済とビジネスの行方は。そして北朝鮮の動向はいかに。激動が予想される1年。ビジネス・経済、金融、政治、外交に精通する日米の専門家が、それぞれの分野で2020年への期待と展望を語る。質疑応答の時間も設ける。正午からの開始で、日本クラブ特製の正月を祝う弁当も準備される。

1月22日(水)12:00〜3:00pm
日本クラブ2階 ローズルーム:145 W. 57th St.
JCCI会員$100、一般$120、学生$50(特製正月弁当込み)
問合せ・申込み:JCCI事務局TEL: 212-246-8001
info@jcciny.org

開催中 On Going!

ホリデー・トレイン・ショー @NYボタニカル・ガーデン


ブロンクスにあるニューヨーク植物園で、毎年恒例の「Holiday Train Show」が開催。植物園の温室の中にミニチュアのニューヨークが再現され、その中をトロリーやアムトラック、蒸気機関車などの模型の電車が走る。木の実や枝など植物を使って精巧に作られた自由の女神やブルックリン・ブリッジ、グランドセントラル駅、メトロポリタン美術館など175ヵ所以上ものNYの名所が並ぶ。期間中は、キッズのためのミュージカル・ショーやアクティビティも開催。また午後7時から10時30分まで、お酒を飲みながら夜のトレインショーやダンスパフォーマンスなどが楽しめる「Bar Car Nights」(21歳以上・有料)も開催される。(Photo © NYC & Company)

2020年1月26日(日)まで 10:00am-6:00pm
NY Botanical Garden:2900 Southern Blvd Bronx
一般$30、学生・シニア$28、子供$18、1歳以下無料
nybg.org/event/holiday-train-show

★Bar Car Nights(21歳以上)
1月3日/4日/11日/18日
一般$38、メンバー$28


ナットクラッカー・ルージュ


カンパニーXIVの「ナットクラッカー・ルージュ」は大人向き。オペラやバロックダンス、バーレスクダンス、アクロバットなどを、ビキニ姿のパフォーマーたちが妖艶に披露する。歌やダンスのレベルも高く、ドラマデスクアワードにもノミネートされた「お子様お断り」のショーだ。ブッシュウィックの会場「Théâtre XIV」は、同カンパニー公演の専用シアター。少し不気味な内装と小道具で、来場者を「異世界」へと引き込む。(記事へ)

Nutcracker Rouge
■11月14日(木)〜2020年1月26日(日)
■会場:Théâtre XIV
 383 Troutman St., Brooklyn
■$115〜
companyxiv.com


ビッグアップル・サーカス


毎年秋から冬にかけて、NY名物、おなじみの「Big Apple Circus」がやって来る。リンカーン・センターに昔ながらのサーカステントが張られ、曲芸師のアクロバットや、犬・馬・猫の動物ショーなど、大人も子供もドキドキ、ワクワクの楽しいサーカスが繰り広げられる。ビッグアップル・サーカスならではの個性的なキャラクターのパフォーマーが大活躍、大いにサーカスを盛り上げる。

2020年2月2日(日)まで
Damrosch Park on Lincoln Center
West 62nd St, bet Columbus & Amsterdam Ave
$26~
bigapplecircus.org

ミュージアム・オブ・アイスクリーム SOHO


「ミュージアム・オブ・アイスクリーム(Museum of Ice Cream SoHo、MOIC) が12月14日(土)、ソーホーにオープンした。3フロアで約25000スクエアフィートの会場に、13の新しいエキシビションとラウンジ、カフェ、ショップなどが併設。MOICで人気の「スプリンクス・ブール」や、ニューヨークにインスパイアされた「セレスチアル・サブウェイ」など、インスタ映えする展示は健在。混雑を避け安全に楽しんでもらうため、入場は完全チケット予約制。当日、会場でのチケット販売はなく、インターネットで予約すること。指定入場時間が過ぎた場合には、チケットは無効になるため、入場時間の15分前には到着することが奨励されている。

9:30am-9:30pm(火曜定休)
558 Broadway
$39、2歳以下無料
www.museumoficecream.com

T.レックス:究極のプレデター


今年創立150周年を迎えたアメリカ自然史博物館(AMNH)の記念展「T. rex: The Ultimate Predator」。会場では、T・レックスが孵化から成長するまで、多種のティラノサウルス等身大モデルなどを含め、5セクションに分けて展示。同館コレクションからの化石や骨格の複製、最新情報と最先端技術に基づいた復元、T・レックスが来場者の動きに反応するウォール・プロジェクション、同館初となるバーチャルリアリティー(VR)など、その生物と行動について科学的に、楽しみながら考察する。(記事へ)

2020年8月9日(日)まで
American Museum of Natural History:
Central Park West at 79th St.
General Admission + One:
大人$28、2-12歳$16.50、学生/シニア$22.50
amnh.org

KGBスパイ・ミュージアム


ソビエト連邦の国家保安委員会「KGB」をテーマにした博物館「KGBスパイミュージアム」が、今年1月にオープンした。KGBが行っていたスパイ活動に焦点を当て、カメラ、レコーダー、暗号機など、当時の道具を中心に展示。東西冷戦時代、世界情勢に影響を及ぼした組織の技術、極秘任務、戦略などを紹介。その他、拷問装置として使用された椅子、ジェイルハウス・ハイト・チャート、刑務所・独房のベッドなどもあり、「インスタ映え」を狙った「囚人体験」も面白い。(記事へ)

KGB Espionage Museum
月〜日10:00am〜8:00pm
住所:245 W. 14th St.
18歳以上$22、7-17歳$13
65歳以上/学生(要ID)$17、6歳以下無料
※ガイド付き$40(3人以上)
kgbespionagemuseum.org


「ジム・ヘンソン」展


セサミストリートの生みの親として知られる故ジム・ヘンソン(1936~90年)を包括的に紹介。展示品は300点以上で、同ミュージアムのコレクションに加え、ヘンソン・ファミリーが寄贈した約500の中から選出。多数のマペットをはじめ、プライベート写真、キャラクタースケッチ、ストーリーボード、脚本、写真、小道具、初期作品から実験的なプロジェクトなど多数。ヘンソンが歩んだ比類なき足跡を辿る時、彼がマペットたちに吹き込んだ愛情と命が見えてくる。(記事へ)

The Jim Henson Exhibition
Museum of the Moving Image
36-01 35 Ave., Astoria
TEL: 718-777-6888
大人$15、 シニア/学生$11
3-17歳$7、3歳以下無料
金曜4pm~8pm:無料
www.movingimage.us


ナショナル・ジオグラフィック・エンカウンター「オーシャン・オデッセイ」


2017年、タイムズスクエアにオープンした新しタイプのエンターテインメント「National Geographic Encounter: Ocean Odyssey」。21世紀フォックスとその傘下のナショナルジオグラフィックがタイアップ。最新のハイテクビジュアルエフェクトを駆使した、海底探検アトラクションだ。来場者は南太平洋からカリフォルニアの海岸まで、様々な海の神秘を目撃する。アドベンチャーのハイライト、3Dメガネで「体験」する海中は迫力満点!(記事へ)

226 W. 44th St.(bet. 7th & 8th Aves.)
646-308-1337
一般$39.50、65歳以上$36.50、12歳以下$32.50
10人以上の団体15%オフ
natgeoencounter.com


コミュニティー情報

2020年北海道ゆかりの会新年会


日時:2020年1月23日(Thursday)、午後6時00分〜(5時45分受付開始)
場所:Sakagura East Village( 231 East 9th St. )
- Hokkaido dinner: King Crab, Lamb, Salmon, Scallops, etc.
- Shishimai
- Raffle
参加費: 会員, 学生&シニア55ドル、ゲスト60ドル、
会員の年会費: 10ドル
参加届け連絡先: Hoshino: shion.hoshino@gmail.com




HOME