ニューヨーク・イベント情報 2018年5月11日号 Vol.325 
アート ブロードウェイ スポーツ 映画 コンサート パフォーマンス  アクティビティー  その他 コミュニティ情報

ご注意:記載のチケット料金は最低料金の目安です。プレミアムチケット、ディスカウントチケット等が出回る場合もあり、売り切れの場合もございます。詳しくは各イベントへお問合せください。また掲載イベントは予告なくキャンセル/変更となる場合もございます。予めご了承ください。



ジャズ・アット・キタノ


JAZZ at KITANO
The Kitano Hotel New York
66 Park Ave. @38th St.
Tel 212-885-7119 jazz@kitano.com
www.kitano.com/Jazz-Schedule


●サンデー・ブランチ(日)12pm〜2pm($45)
トニー・ミドルトン 毎週日曜日

●マンデー・ナイト(月)8pm〜11:30pm(ミニマム$15)
オープン・ジャム・セッション 毎週月曜日



●ソロ・ピアニストシリーズ(火)8pm〜11pm(ミニマム$15)
ポール・シン 毎週火曜日 


■5月9日(水)8pm/10pm(カバー$18、ミニマム$20)
トビアス・マインハート・クインテット



■5月10日(木)8pm/10pm(カバー$18、ミニマム$20)
ジョン・フェデチョック・カルテット



■5月11日(金)・12日(土)8pm/10pm(カバー$34、ミニマム$20)
デュオ:ディック・ハイマン&ケン・ペプロウスキー



■5月16日(水) 8pm/10pm(カバー$34、ミニマム$20)
ヤヨイ・イカワ・トリオ



■5月17日(木) 8pm/10pm(カバー$18、ミニマム$20)
アマンダ・モナコ・カルテット



■5月18日(金) 8pm/10pm(カバー$34、ミニマム$20)
ジョージ・コリガン・トリオ



■5月19日(土) 8pm/10pm(カバー$34、ミニマム$20)
オードリー・シルバー・クインテット



■5月23日(水) 8pm/10pm (カバー$18、ミニマム$20)
レスリー・ピンチック・トリオ



■5月24日(木) 8pm/10pm(カバー$18、ミニマム$20)
マイケル・モレアリ・クインテット
CD「ラブ・アンド・インフルーエンス」、「マイルズ・ソング」リリースライブ



■5月25日(金)・26日(土) 8pm/10pm (カバー$34、ミニマム$20)
デュドゥカ・ダ・フォンセカ&ブラジリアン・エクスプレス

5月11日(金)

エレノア・デュビンスキー


6ヵ国語を操るシンガーソングライターEleanor Dubinskyが実力派ジャズミュージシャンで固めたバンドと共にドロームに出演。セントルイスで生まれ育ったデュビンスキーだが、幼い頃から外国語に興味を持ちキューバやポルトガルなどへの滞在経験をへて、各国の文化に根ざしたワールドミュージックに自身のヴォイスを発見。ステージではチェロとギターも弾きこなし、ラテン音楽やr&bの軽快なクルーブに乗せてエレガントな歌声を聴かせる。

5月11日(金)8:00pm
Drom
85 Avenue A
$15〜20
212-777-1157
dromnyc.com

5月12日(土)

スコット・リーブス・ジャズ・オーケストラ


ジャズ作曲家&トロンボーン奏者、スコット・リーブス率いる"Scott Reeves Jazz Orchestra"がアルバム「Without a Trace」発売記念ライブを行う。ゲストにサックス奏者スティーブ・ウィルソン。スコットのペンによる曲はハードバップ、ラテンジャズを基調としたリズムにフランス印象派を思い起こさせる美しいハーモニーが重なり合う。中堅ミュージシャンを中心とした安定感のあるバンドによる演奏で、新旧ジャズファンを納得させるステージになりそうだ。

5月12日(土)4:30pm
Smalls
183 W 10th St.
$20
646-476-4346
smallslive.com

FKAジャズ aka. サミア・ザリフ


"FKAjazz aka. Samir Zarif"はヒップホップとジャズを融合させた独自の音楽で今注目を集めているサックス奏者だ。ジャズミュージシャンとしてミゲル・ゼノン・ビッグバンドなどのツアーに参加ほか、ヨーローパやカナダのジャズフェスに出演。その傍らエレクトロニック音楽のプロデューサーとしても活躍してきた。ラップトップやエフェクトを駆使したサウンドと強力なリズムセクションによるグルーヴが合わり、カッティングエッジなライブになりそうだ。

5月12日(土)7pm
Fat Cat
75 Christopher St.
$30
212-675-6056
fatcatmusic.org

スプリング・カラー・フェスティバル


マンハッタンからフェリーに乗船し約10分で行けるガバナーズ・アイランドで、カラーパウダーにまみれてダンスやミュージックを楽しむ「NYC Holi Hai 2018 Color Festival」が開催される。参加者は真っ白なTシャツを着用し、お互いにカラーパウダーを掛け合いながら、ライブ・ミュージックに合わせてダンスしたり、盛り上がったりと、子供から大人まで誰でも参加できるハッピーでカラフルなイベント。頭の先から足の先まで色とりどりのカラーまみれになることは必至。参加はオンラインから事前の予約が必要。アイランド行きのフェリーは午前中無料、午後から2ドルで、午前10時から午後5時30分で30分〜1時間毎に運航されている。

5月12日(土)12:00pm~7:00pm
The Play Lawn, Governors Island, NY
乗り場Manhattan Ferry
Battery Maritime Building at 10 South Street
無料〜$84、事前登録制
nycholi.com

ホルヘ・リナレス 対 ワシル・ロマチェンコ


ボクシングファン注目の対決、ワールド・チャンピオンシップ、Jorge Linares 対 Vasiliy Lomachenkoの対戦が、マジソン・スクエア・ガーデンで行われる。3階級制覇王者リナレスに対戦するのは、2階級制覇王者のロマチェンコ。激戦必至、ファン必見のタイトルマッチだ。

5月12日(土)4:30pm
Madison Square Garden
4 Penn Plaza, 7th & 32nd St
$56〜
thegarden.com

5月13日(日)

マザーズ・デー・クルーズ


母の日を船上で祝おう。バトー・ニューヨーク主催の「Mother's Day Cruise」がピア61から出航する。街中の喧噪を離れて、ニューヨークのスカイラインの眺望、3コースのミモザ・ブランチまたはディナーを堪能しながら母親や奥さんに日頃の感謝の気持ちを伝えよう。船上で祝う特別な母の日は、きっと家族のメモリアルな1日になるはず。

5月13日(日)Brunch 12pm-2:30pm, Dinner 7pm-10pm
Bateaux New York at Pier 61
Chelsea Piers, West 23rd St
ブランチ$89.90〜、子供$53.95〜、ディナー$146.90〜
bateauxnewyork.com/new-york-metro


5月17日(木)

クラウディア・アクーニャ


チリ出身のジャズフュージョンシンガー"Claudia Acuna"がピアノとギターのトリオでメズローに出演。90年代にニューヨークのシーンでジャズ歌手として活動する中、次第にバックグラウンドである南米音楽に次第に没頭していき、彼女の初期のアイドルであるディジー・ガレズピーのように、その中間地点に自己のスタイルを確立した。ラテンジャズという言葉では一括りにできない、溢れ出す音楽世界を体感したい。

5月17日(木):008pm
Mezzrow
163 W 10th St.
$20
646-476-4346
mezzrow.com


ユジャ・ワン


ピアノ界のメガ・スーパースター、ユジャ・ワン(Yuja Wang)のリサイタル。北京生まれだが、キャリアスタートのきっかけは日本で、2001年に行われた仙台国際音楽コンクールで3位及び審査委員特別賞を受賞したことだった。以来、世界中の主要ホールでソロリサイタル、またニューヨーク・フィルハーモニック、ロンドンフィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などの世界の主要オーケストラと共演し、まさに八面六臂の大活躍。今回のリサイタルでは、ラフマニノフのプレリュードや練習曲、スクリャービンのソナタ第10番、リゲティの練習曲、プロコフィエフのソナタ第8番変ロ長調などを弾く。

5月17日(木)8:00pm
Stern Auditorium / Perelman Stage @Carnegie Hall
881 Seventh Ave
212-247-7800
$19〜
www.carnegiehall.org


5月18日(金)

デイヴ・リーブマン


ジャズ界きっての学術派で前衛派のサックス奏者、デイヴ・リーブマンの若手メンバーを前面に打ち出した新グループによるライブ。90年代より追求し続けてきた宇宙の中の4つの要素をテーマとしたシリーズの最終プロジェクト"Expansions: The Dave Liebman Group"の録音を今年秋に控えており、地球をテーマに作曲された組曲を演奏予定。理論的かつリリシズム溢れる演奏はまだまだ健在だ。

5月18日(金)〜20日(日)7pm/9pm/10:30pm
Smoke
2751 Broadway
$40
212-864-6662
smokejazz.com


5月19日(土)

ダンス・パレード&フェスティバル


ダンサーが踊りながらパレードする「Dance Parade」がダウンタウンで開催される。ブラジリアンやヒップホップなど80以上のダンス・スタイルのダンス・グループ、総勢1万人以上のダンサーがダンスを披露しながら練り歩く。NYらしい大盛り上がりのパレード。パレードは1時に21丁目のブロードウェイをスタートし、ユニバーシティ・プレイスを南下、セント・マークス・プレイスを抜けトンプキンズ・スクエア・パークに到着。3時からはそこで熱もさめやらぬまま、さらにダンス・フェスティバルが開催され、ダンス・パフォーマンスやダンス・レッスンが行われる。パレード全てのダンスを鑑賞したいなら、特別観覧席グランドスタンドが有料で用意されている(8th St & University Place)。

5月19日(土)パレード1:00pm~3:00pm、フェスティバル3:00pm~7:00pm
スタート21st St & Broadway~終点Tompkins Square Park
参加&観覧無料、特別観覧席$35~100
www.danceparade.org


インターナショナル・フード・フェスティバル


初夏はストリート・フェアーに出掛けるのが楽しい季節。ヘルズ・キッチン地区の42丁目から57丁目間で「The 9th Avenue International Food Festival」が開催される。9アベニューには、アルゼンチン、ペルー、パキスタン、トルコなどエスニック料理を中心とした世界各国のフード屋台200店以上が出店。近隣の有名レストランやショップも通りに屋台を出し、あらゆる国の料理やデザート、ショッピングが堪能できる。さらに、バンドやダンスチームのパフォーマンスがフェスティバルを盛り上げる。このイベントは1973年から開催されていて、毎年20万人以上が訪れるニューヨーカーに大人気のストリート・フェア。

5月19日(土)・20日(日)10:00pm~6:00pm
9th Ave bet 42nd and 57th St
無料
ninthavenuefoodfestival.com/home

ベジタリアン・フード・フェスティバル


ベジタリアン・フードの関心が高い当地で「NY Vegetarian Food Festival」が開催される。NY内の有名ベジタリアン・レストランやショップ、企業が出店。ベジフードの試食、試飲が出来、料理のデモンストレーションやトークショー、本のサイン会などが行われる。ベジタリアンだけでなく、健康的なライフスタイルを目指している人や栄養に関心のある人にもぴったりのイベント。

5月19(土)&20日(日)11:00am~6:00pm
Metropolitan Pavilion
125 W 18th St
$30〜
nycvegfoodfest.com

5月20日(日)

第5回「ザ・マツリ」

「LOVE JAPAN!」をテーマに、祭好きなハリソン在住者が集まり始まったイベント。日本の祭りを楽しみ、日本文化を紹介し、地元の人々との交流を図る。野外では屋台、ステージ・パフォーマンス、ラッフル、図書館では伝統文化交流イベントなど、子供から大人まで楽しめる催し物が満載。売上・寄付は、日本国内の被災者援助と日米の各種団体に寄付をする予定。

5月20日(日)11:00am〜4:00pm(雨天決行予定)
ハリソン駅前ポッポ公園とハリソン図書館
Ma Riis Park(ハリソン駅北口からすぐ)
1 Heinemann Place Harrison
www.thematsuri.org
thematsuri.ny@gmail.com


ブロンクス・パレード・フード&アート・フェスティバル

5月11日から始まったブロンクス・ウィークの一環で、ブロンクスのダウンタウンで食とアートの祭典「Bronx Food & Arts Festival」が開催される。通りでは、地元の名物料理であるアフリカ料理からイタリア料理まで100以上のベンダーが軒を並べ、絵画、写真、ジュエリーなど地元アーティストの作品も展示販売される。また、ヒップ・ホップやR&Bのライブ・ミュージック・コンサートが終日行われる。オープニングの11時30分からは、ブロンクス・ウィーク・パレードが行なわれ、マーチング・バンドが通りをにぎやかに行進する。

5月20日(日)11:30am~6:00pm
Mosholu Parkway bet Bainbridge Ave & Van Cortlandt Ave
無料
ilovethebronx.com

エイズ・ウォーク


今年で33年目を迎える「Aids Walk」がセントラルパークで開催される。このイベントは、エイズに苦しむ患者や家族、また遺族たちのための寄付を募るウォークイベントとしてLAで1985年に始まったもの。現在NYでは毎年4万人以上が参加する大規模なイベントとなり、参加者の数は毎年増え続けている。ロージー・ペレスらアカデミー女優やTV俳優などのセレブらも多数オープニングセレモニーに駆けつけ、参加予定。イベント内容は、セントラルパークのシープ・メドゥでウォームアップのエアロビクス、そ


5月20日(日)8:30am~12:00pm
Central Park
On 72nd St & East Drive
参加は寄付、事前登録制
aidswalk.net

インターナショナル・コンテンポラリー・ファニチャー・フェアー


世界中から厳選された家具やインテリアを紹介する展示会「International Contemporary Furniture Fair」がジャビッツ・センターで開催される。関係者には20日から開場されているが、一般が入場できるのは23日のみ。広大な会場には30カ国から900ものデザイナーやデザイン会社がブースを構え、家庭用家具だけでなく、オフィス用、ガーデン家具、照明、デザイン小物などインテリア全般が集合している。デザイナーや家具業者をはじめ、一般のデザイン愛好家など約3万2千人以上の入場が見込まれている世界的な家具の展示会。入場には事前の登録が必要。

5月20日(日)~23日(水) 一般向け水曜のみ10:00am-4:00pm
Jacob K. Javits Convention Center
11th Ave at 38th St
$60〜、事前登録制
icff.com


エフゲニー・キーシン


すでにベテランピアニストと言われて久しいエフゲニー・キーシン(Evgeny Kissin)のリサイタルがカーネギーホールで行われる。ユジャ・ワンと同じくラフマニノフのプレリュードを弾くので、聴き比べてみるのも一興かもしれない。他にはベートーベンが作曲したソナタの中でも最大の第29番変ロ長調「ハンマークラヴィーア」。この「怪物」とも呼ばれる「ハンマークラヴィーアソナタ」をキーシンがどう演じるか興味大。

5月20日(日)2:00pm
Stern Auditorium / Perelman Stage
@Carnegie Hall
881 Seventh Ave.
212-247-7800
$42〜
www.carnegiehall.org

5月21日(月)

ヘルシー・オン・ザ・ハドソン


無料のエクササイズ・シリーズ「Healthy on the Hudson」がハドソン川沿いのピアでスタートする。月曜日はピア84でタイチ、水曜日はピア25でワークアウト、木曜日はピア46でヨガが開催される。ハドソン川を臨む芝生の上で行う開放的なエクササイズで1日のストレスをリセットしよう。参加には事前の予約が必要。

5月21日(月)~9月13日(木)の毎週月&水&木曜日6:30pm~7:30pm
Pier 84: 555 12th Ave
Pier 25: West St
Pier 46: Hudson River Greenway
無料、事前登録制
hudsonriverpark.org


開催中 On Going!

ダンスパーティー@ブライアント・パーク


ミッドタウンのオアシス、ブライアント・パークで「Bryant Park Dance Party」が2日から毎週水曜日に開催される。6時からサルサ、スイング、バチャータなどのラテン系ダンスレッスンが行われ、その後7時から8時30分までライブ・ミュージックをバックに習ったダンスを皆で踊るイベント。老若男女、初心者、誰でも気軽に参加出来る。ダンスを踊って仕事帰りのストレスを吹き飛ばそう。

6月8日(金)まで 毎週水曜日6:00pm〜8:30pm
Fountain Terrace Bryant Park
bet 40th and 42nd St & 5th and 6th Ave
無料
bryantpark.org


シルク・ドゥ・ソレイユ「ボルタ」


エンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」(以下シルク)の巡回公演「ボルタ」が、ニュージャージーとニューヨークで上演される。会場は特製のビッグトップ(テント)だ。「ボルタ」には、数人の日本人パフォーマーと、スタッフが参加。谷澤潤、見島良拓、橋本昌和、屋比久嗣孝、屋比久友子の5人は、2本の縄跳びを使用する「ダブルダッチ」で、吉田尚生は、競技用自転車「BMX」でパフォーマンスを披露する。またシルクに欠かせない衣装担当にウエダイラ・ヒデヨが名を連ねている。(詳細記事へ)

4月19日(木)〜5月6日(日)
会場:Meadowlands Racing & Entertainment
1 Racetrack Dr, East Rutherford, NJ

5月17日(木)〜6月10日(日)
会場:The Nassau Veterans Memorial Coliseum
1255 Hempstead Turnpike Uniondale, NY

$55〜
www.cirquedusoleil.com/en/volta


メトロポリタン・オペラ「サンドリヨン」


2011年ロイヤルオペラでの公演で、絶賛されたジョイス・ディドナート主演の「サンドリヨン」が、遂にMETの舞台で初演されることになった。原作はお馴染みのペローの童話「シンデレラ」。マスネが文学を題材に作曲したオペラの中でも唯一の童話からの作品。ディドナートの卓越した歌唱で綴る美しいアリアの数々、マスネならではの魅惑のメロディー満載のメルヘン・オペラ。

4月24日/28日(M)、5月3日/7日/11日
The Metropolitan Opera
30 Lincoln Center Plaza 
チケット:212-362-6000
www.metoperafamily.org


偉大なる飛躍:長谷川等伯の変様


ジャパン・ソサエティー(JS)・ギャラリーが、3月9日(金)から5月6日(日)まで、展覧会「偉大なる飛躍:長谷川等伯の変様」を開催する。JS創立110周年記念イベントの一つだ。長谷川等伯は、桃山絵画の巨匠であり長谷川派の創始者。その作品と生涯を紹介する。代表作の中から、4点の重要文化財を含む傑作を、アメリカで初めて本格的に紹介する。共同監修は、村瀬實惠子氏(コロンビア大学美術史考古学部名誉教授、元メトロポリタン美術館アジア部門日本美術特別顧問)と、河合正朝氏(慶應義塾大学名誉教授、千葉市美術館館長)。展示会では、長谷川等伯が「信春」を名乗り描いた初期の仏画から、京都に出て作風を変え「等伯」と名乗るまでの変容に焦点を当てる。今回米国初展示となる隠れた名作「花鳥図屏風」が、その変遷を物語る代表的な作品だ。金地の背景に鳥の姿、松や藤の花、滝の流れが優美に描写されている。(詳細記事へ)

A Giant Leap: The Transformation of Hasegawa Tohaku
5月6日(日)まで
JS Gallery 333 E. 47th St.
シングル:一般$12、シニア/学生$10
前後期共通:一般$20、シニア/学生$16
※JS会員/16歳以下無料、毎金曜6-9pm無料
www.japansociety.org


テネシー・ウィリアムズ回顧展


ミッドタウンのモーガン・ライブラリー&ミュージアムで5月13日(日)まで、アメリカが世界に誇る劇作家、テネシー・ウィリアムズを紹介する展示「Tennessee Williams: No Refuge but Writing」が行われている。ウィリアムズの幼少期や家族写真を中心に構成された「イントロダクション」に始まり、1939年から1957年の間にウィリアムズが手掛けた6つの重要な作品をセクション別に紹介。「天使の戦い」「ガラスの動物園」「欲望という名の電車」「バラの刺青」「熱いトタン屋根の猫」「地獄のオルフェ」は、どのように生まれ、制作されたのか。資料や写真、絵画、日記、手紙などから、自己表現のためにウィリアムズが取った手法や、彼を取り巻く人間関係などを包括的に紹介。関連イベントとして、ギャラリートーク、ワークショップ、映画上映などが予定。映画は、ダニエル・マン監督の「バラの刺青」(55年)と、リチャード・ブルックス監督の「熱いトタン屋根の猫」(58年)が上映される。観賞は入場料に含まれるが、当日、会場窓口でチケットを入手のこと。(詳細記事へ)

5月13日(日)まで
The Morgan Library & Museum:225 Madison Ave.
大人$20、シニア/学生$13、12歳以下無料、金曜7pm〜9pm無料
www.themorgan.org

★映画上映
4月20日(金)7:00pm The Rose Tattoo
5月4日(金)7:00pm Cat on a Hot Tin Roof


インカ・ショニバレ「風の彫刻」


野外アートを手掛ける「パブリック・アート・ファンド」主催の展示「風の彫刻」が、セントラルパーク東南入口(60丁目)に登場した。作者はナイジェリア系イギリス人のインカ・ショニバレ・MBE。彼が幼少時代を過ごしたナイジェリアのラゴス・ビーチに流れる「風」を具現化したもので、グラスファイバー製、高さ23フィート(約7メートル)、「風の彫刻」シリーズ第2期、最初の作品だ。オランダのワックス・バティック・プリント(ろうけつ染め)に触発された独特な手書きの模様は、アフリカの植民地主義に反した「複数の文化的アイデンティティー」を主張。国境や人種を超えた、多種多様な社会の共存を表現しようと試みる。カラフルに波打つ風の彫刻は10月14日まで展示。冬の名残りが残るこの季節から落葉の美しい秋へと、移ろいゆく季節の中で見せる表情の変化も興味深い。

Yinka Shonibare MBE:
Wind Sculpture (SG) I
10月14日(日)まで
会場:Doris C. Freedman Plaza
Central Park,
60th St. & 5th Ave.
www.publicartfund.org

「まだ見たことがない海」アメリカ自然史博物館


アメリカ自然史博物館(AMNH)で3月12日(月)から、海洋生態系を紹介する特別展「まだ見たことがない海(Unseen Oceans)」が開催中。海洋探査における最新情報や最先端技術なども交え、多方面から考察する。地球は、表面の70%以上が海に覆われている「海洋惑星」。しかしこの広大な領域は、ほとんどが探査されていなかった。近年のロボット工学や衛星画像、高精細イメージ撮影などの発展により、ようやくその現場も変化。海面から深海へと目を向けた科学者たちは、多くの新発見に遭遇している。(詳細記事へ)

Unseen Oceans
2019年1月6日(日)まで
American Museum of Natural History
Central Park W. & 79th St.
チケット:常設展+特別展(1ヵ所)
大人$28、学生/シニア$22.50、2-12歳$16.50
www.amnh.org


「ジム・ヘンソン」展


セサミストリートの生みの親として知られる故ジム・ヘンソン(1936〜90年)を包括的に紹介。展示品は300点以上で、同ミュージアムのコレクションに加え、ヘンソン・ファミリーが寄贈した約500の中から選出。多数のマペットをはじめ、プライベート写真、キャラクタースケッチ、ストーリーボード、脚本、写真、小道具、初期作品から実験的なプロジェクトなど多数。ヘンソンが歩んだ比類なき足跡を辿る時、彼がマペットたちに吹き込んだ愛情と命が見えてくる。(詳細記事へ)

The Jim Henson Exhibition
Museum of the Moving Image
36-01 35 Ave., Astoria
TEL: 718-777-6888
大人$15、 シニア/学生$11
3-17歳$7、3歳以下無料
金曜4pm〜8pm:無料
www.movingimage.us


ナショナル・ジオグラフィック・エンカウンター「オーシャン・オデッセイ」


2017年、タイムズスクエアにオープンした新しタイプのエンターテインメント「National Geographic Encounter: Ocean Odyssey」。21世紀フォックスとその傘下のナショナルジオグラフィックがタイアップ。最新のハイテクビジュアルエフェクトを駆使した、海底探検アトラクションだ。来場者は南太平洋からカリフォルニアの海岸まで、様々な海の神秘を目撃する。アドベンチャーのハイライト、3Dメガネで「体験」する海中は迫力満点!(詳細記事へ)

226 W. 44th St.(bet. 7th & 8th Aves.)
646-308-1337
一般$39.50、65歳以上$36.50、12歳以下$32.50
10人以上の団体15%オフ
natgeoencounter.com


コミュニティー情報

5月の静坐と聞法会


宗教・宗派に関係なくどなたさまにも開かれております会です。ご出席のご連絡は不要です。
主催: 名倉 幹 東本願寺(真宗大谷派)僧侶 北米開教使
会費: なし(お布施自由)
お問い合せ: 名倉まで
mikinakura87@gmail.com
917-769-8253

@ニューヨーク
会場:NY 禅堂 正法寺 2階
223 E.67th St. (Bet. 2 & 3 Ave.)

●静坐会、聞法会 5月5日(土)
 静坐会:午後2時〜
聞法会(法話):午後3時〜5時
●New York 静坐会
 5月6日(日)・20日(日)
 午後3時半〜5時
●静坐と仏の教えに聞く会
 5月14日(月)午後7時〜9時
●仏教談話会
 5月26日(土)午後3時〜5時半


@ニュージャージー
会場:ニュージャージー日米協会
304 Main St., the 2nd Fl,, Fort Lee, NJ

●New Jersey 静坐と法話会
 5月19日(土)午後3時〜4時半


NYシニア会メンバー募集


ゴルフ好きが集うNYシニア会(冠スポンサー:ANA)ではメンバーを広く募集しています。同会は4月から11月まで、ハワースCCで毎月トーナメントを開催しております。ご一緒にプレーしませんか。
年会費:$150

お問い合わせ:ananyseniorkai@gmail.com 
Tel:201-618-6974(上村)
Tel:201-970-6066(加賀)


HOME