よみタイム|2024年7月12日号・Vol.473デジタル版 & バックナンバーはこちら

「泡」をテーマに五感を刺激「バブル・プラネット」 アメリカン・ドリームで

「泡」をテーマに五感を刺激「バブル・プラネット」
シュールでカラフルなアドベンチャー
「バブル・プラネット」@アメリカン・ドリーム

ニュージャージー州イースト・ラザフォードにある複合施設「アメリカン・ドリーム」に、「泡(バブル)」をテーマにした没入型の体験「バブル・プラネット」が誕生した。ミラノ、ロンドン、ブリュッセル、ロサンゼルスなど、これまでに100万人以上が来場。「五感を刺激する体験」と、各地で話題となった。

バブル・プラネット
Photo courtesy : Bubble Planet- An Immersive Experience

会場には、7つの異なるテーマの部屋が用意。

水中をイメージした「LEDルーム」、風船の海に飛び込む「バブル・オーシャン」、巨大なバスタブに入りミニチュアになった気分を味わう「バブル・バス」、インスタ映えを狙った「セルフィー・ルーム」、草間弥生のアート作品を彷彿とさせる「インフィニティ・ルーム」、吊るされた透明な椅子に座ってバーチャルリアリティ体験ができる「VR」=写真=、想像力を働かせて絵を描く「スケッチ&ポスト」など、子どもはもちろんのこと、大人も楽しめるイマーシブなワンダーランドだ。

[AD]

入場には年齢制限もなく家族そろって楽しめる。17歳未満は要大人同伴。所要時間はおよそ60分。フォーブス誌は、「息を呑むほど鮮やかで色彩豊か、幻想的なアドベンチャー」と評価。

この夏、シュールでカラフルな泡の世界を冒険したい。

バブル・プラネット

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!