2016年10月21日号 Vol.288

聴衆がいてこそ
音楽は息づく
シンガー/ギタリスト:コスモス・サンシャイン



ニューヨークとコネチカットを往来するコスモス・サンシャイン。ロックギタリストとしてのステータスを確立した後、30代でリードシンガーとしての肩書きを増やし、今、ロックンロールバンド、バタフライ・エフェクトを率いる。蝶のように舞い、蜂のように刺す。二分した世界を包括する音楽こそ、コスモスの最大の魅力だ。

ヒッピー世代の母が名付けた個性的な名前「コスモス・サンシャイン」は芸名のようだが実は本名。自然に囲まれたコネチカット州の田舎町で生まれ育ったコスモスはティーンエイジャーでロックの洗礼を受ける。
「最初はドラムをやろうと思ったんだけど、史上最悪のドラマーなんだ。加えて世界最悪の生徒だったね。ドラムは全くダメだったけど、ギターが俺を救ってくれた。実にしっくりと来たんだ」
コスモスは14歳でギターを始め、15歳には既にプロとして活動するという躍進的な上達を見せた。
「80年代に高校時代を過ごしたけど、田舎だったからね、周りに流れる音楽は70年代とさほど変わってなかった」
なるほど、コスモスの音楽は60~70年代の匂いがする。
高校を卒業すると、グランジが爆発的に売れた90年初頭、ニューヨークシティへ引っ越した。都会へ飛び出したコスモスは、音楽シーンにうごめく未聞のバンドやアーティストに触れ、音楽観がさらに広がった。
高校の同級生のロックシンガーとニューヨークでバンド「Cherokee Sex Workshop」を結成し(後に「Walkinbird」と改名)、レコード契約、オールマン・ブラザースのウォーレン・へインズをプロデューサーに迎えてのアルバム制作、ガヴァメント・ミュール、ブルース・トラベラー、レニー・クラヴィッツなど、著名アーティストたちとの全米ツアーなど成功を収めるが、2000年で終止符を打つ。
「やれるだけのことは必死でやったよ。しかし、メジャーレーベルとの契約が見え隠れし始めた頃、残念ながら性根尽きてバンドは解散してしまった」
バンドの曲を主に提供していたコスモスは、解散時、75%ほど完成した曲がたくさんあった。「自立の時だった」とコスモスは、他のシンガーを探すのではなく、シンガーソングライターとしてのソロへの道を選ぶ。

一旦ニューヨークを引き上げ、コネチカットへとコスモスは原点に戻り、リードボーカルに取り組み始める。自作曲を自演するのは至極自然なことだが、そのためには自らマイクを取る必要があった。
「ギタリストとしてキャリアを積んだ後に、30代でボーカルのトレーニングを始めたんだよ。20歳の頃とは訳が違う。ギターを習い始めた時のように、いちからやり直しだった。正しい音程、声のトーン、声質、独学で自分の歌を磨いていった」
そして、等身大のコスモスが映し出されたソロアルバム「The Butterfly Fight Club」が完成する。2014年暮れにキックスターターを成功させ、2015年のプロダクションを経て、2016年1月にリリースされた。
「このアルバムは重さと軽さの二分を表現している。つまり朝の気だるい気分で聴きたくなるような、ソウルフルでメロウな曲から、ストレートなロックンロールが共存する音楽の世界なんだ」
同作制作後、アルバム・タイトルに因んで名付けたバンド「Cosmos Sunshine's Butterfly Effect」を結成した。バンドの要の一人である佐伯麻由は、エリック・ドルフィー以来のフルーティストとして故チコ・ハミルトンの正式バンドメンバーに抜擢された実力派のフルート奏者。「彼はコスモス・サンシャインという名前通り、スペシャルな人です。彼の周りに集まる人は皆同じオーラを持っています。彼の音楽を演奏する時は、私自身とてもスピリチュアルな感覚になります。音楽も人柄も愛に満ち溢れ、私のニューヨーク生活の中で駆け引きのない本物の人間関係を築いている人の中の一人です」と佐伯は絶賛する。
そんな強力なメンバーをフィーチャーするコスモス・サンシャインズ・バタフライ・エフェクトが11月30日、マンハッタンで公演を行う。
「ライブ演奏する理由は、新たなオーディエンスを求め、みんなと繋がるためなんだ。音楽は聴衆がいてこそ息づくものだからね」

ギタリスト、リードシンガー、シンガーソングライター、バンド・リーダー、様々な顔を持つコスモス・サンシャインは、音楽家として素晴らしいことは言うまでもないが、人柄も負けず劣らず魅力に満ちている。コクのある極上のバーボンの味わいがある男。コスモスの歌は心に響く。(河野洋)

The Tangiers Blues Band
Cosmos Sunshine's Butterfly Effect,
Bad Faces
■11月30日(水)9:00pm
■会場:American Beauty
 251 W. 30th St.
 Tel: 212-695-8970
■$10
americanbeautynyc.com



HOME