よみタイム|2024年7月12日号・Vol.473デジタル版 & バックナンバーはこちら

戸田恵子の一人芝居「虹のかけら〜もうひとりのジュディ」

戸田恵子の一人芝居
「虹のかけら〜もうひとりのジュディ」
ワイル・リサイタル・ホールで

女優・声優・歌手として活躍する戸田恵子=写真=の一人芝居「虹のかけら~もうひとりのジュディ(構成・演出:三谷幸喜)」が6月25日(火)と27日(木)、カーネギーホールのワイル・リサイタル・ホールで上演される。

戸田恵子
戸田恵子「虹のかけら〜もうひとりのジュディ」

映画「オズの魔法使」のドロシー役でその才能を世界中に知ら しめ、「若草のころ」、フレッド・アステアと共演した「イースターパレ ード」など、ハリウッドのミュージカル大作で輝き続けた女優ジュディ・ガーランド。その一方で、知られていない彼女の専属代役兼付き人であったジュディ・シルバーマンの目を通して、同じ「ジュディ」への愛憎と、彼女の目を通す形でジュディ・ガーランドの数奇な人生を描いた作品が本作「虹のかけら〜もうひとりのジュディ」だ。

本作は、戸田が自身の還暦を記念して三谷幸喜に、「作品として一人で出来るもの。例えば有名な歌手とかを選んで、その人の歌を歌いながら、その人の人生を語れるものはどうでしょうか」と制作を依頼したところ三谷が快諾。三谷から「『ジュディ・ガーランド』はどうですか?」 との提案もあり制作を開始。数多くの三谷作品で音楽を担ってきた荻野清子が音楽監督を務め、ジュディ・ガーランドが歌った数々の名曲をバックに、戸田による 歌唱、芝居、語りと多彩な表現で物語を彩る。

2018年、初演されのチケットは即日完売。翌2019年には全国23ヵ所でツアー公演を開催、好評を博した。

今年1月にNYを訪れた戸田。その際のインタビューで「NYに住んでおられる方も日本にいる方も『ジュディ・ガーランド』を知らない方が多いですが、素晴らしい才能に恵まれている人です。数奇な運命を歩んできた一人の女性ジュディ。舞台では彼女が歌った歌を散りばめています。全編日本語ですので、きっと楽しんでいただけます。ぜひお越しください。還暦をとうに過ぎた私の体力だけが心配ですが、精一杯、頑張ります!」と力強く語っていた。

[AD]

戸田恵子による 一人舞台「虹のかけら〜もうひとりのジュディ

戸田恵子

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!