よみタイム|2024年7月12日号・Vol.473デジタル版 & バックナンバーはこちら

劇団「spit&vigor」新作上演

劇団「spit&vigor」新作上演
実在した2人の女海賊
大人向けダーク・コメディ

マンハッタンのウェスト・ビレッジにあるオフ・ブロードウェイ劇場「プレイヤーズ・シアター(The Players Theatre)」で6月13日(木)から7月14日(日)までの木曜から日曜、劇団 「spit&vigor」が新作劇 「A Man Among Ye」を上演する。

筒井あづみと堀内更
筒井あづみ(左)と堀内更

アン・ボニーとメアリー・リードという実在した2人の女海賊に関する記録をもとに書かれた本作。海で生きる者たちの騒々しくも悲しい物語を、激しいアクションシーンや音楽とともにダーク・コメディとして描く。ステージには大きな船が出現し、神話上の生き物も登場する。

[AD]

日本人女優、筒井あづみがドロシーとシェップ・オブ・タルタルの2役を、ダンサーの堀内更(ほりうち・さら)が大ガラスと人魚の2役をこなす。

同劇団に出演するのは2度目となる筒井。「おそらく、これまでで最も不気味なキャラクターを演じることに興奮しています」とコメント。

堀内は、ワイオミング州でミュージカルを学び、2022年にニューヨークへ移住。「劇場で演じられることに、感謝しています」と述べている。

監督・脚本はライターとして何度も受賞経験のあるサラ・フェリーニ。一部ヌードや性的な表現を含む大人向けの作品。

  • 6月13日(木)〜7月14日(日)
    ※木〜日(木〜土7pm、日3pm)
    ※月〜水休演
  • 会場:The Players Theatre 
    115 MacDougal St.
  • $42〜
  • www.spitnvigor.com/a-man-among-ye
筒井あづみと堀内更

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!