2017年11月3日号 Vol.313

ジミー・ダーラム:世界の真ん中で
Jimmie Durham: At the Center of the World


Jimmie Durham, Self-Portrait Pretending to Be a Stone Statue of Myself, 2006. Color photograph. Edition of 1 + 1 AP. 31-3/4 × 24 in. (80.7 × 60.9 cm). Collection of fluid archives, Karlsruhe. Courtesy of ZKM Center for Art and Media, Karlsruhe.


Jimmie Durham, The Forest and Brancusi, 2012. Three pieces of walnut, acrylic paint wood table. 110-1/4 × 19-3/4 × 15-3/4 in. (280 × 50 × 40 cm). Private collection, Nottingham. Image courtesy of kurimanzutto, Mexico City.
soundtrack. César and Claudio Oiticica, Rio de Janeiro and Neville D'Almeida. © César and Claudio Oiticica, and Neville D'Almeida


アーティストであると同時にパフォーマー、詩人、文筆家、活動家のジミー・ダーラムの北米初となる回顧展。1970年から現在まで、彫刻、素描画、コラージュ、版画、写真、ビデオなど120点以上の作品を展示。70年代には、アメリカン・インディアン・ムーブメントの政治的運動を行っていたダーラムは、80年代に入るとニューヨーク、ダウンタウンのアートコミュニティに積極的に参加。その後、メキシコ、ヨーロッパに移り住み、彫刻を中心に制作。拾った素材や自然素材、またテキストを組み込むなどして、言語、物質、制度に隠された西洋中心の考えや偏見に異を唱えた。(林玄一)

2018年1月28日まで
Whitney Museum of American Art
99 Gansevoort St.
212-570-3600
日〜木10:30am-6:00pm、金〜土 10:30am-10:00pm、火休館
大人:$25、シニア:$18、 学生:$18、18歳以下無料
whitney.org



HOME