2017年09月08日号 Vol.309

「HAFA」グループ展
多摩美術大卒23人が出展


多摩美術大学校友会ニューヨーククラブが9月18日(月)から 30日(土)まで、天理ギャラリーで恒例のOBグループ展「第13回ホーム・アウェイ・フロム・ホーム(HAFA)展」を開催する。
同クラブは2003年発足、ニューヨーク・トライステートエリア在住者を中心に、日本からの参加も含め、会員100人以上。今回の展示には、その内23人が参加する。
「ホーム・アウェイ・フロム・ホーム」とは、「故郷を離れた故郷」 という意味。2つの意味が込められており、一つは、故郷から離れ、母国日本をより意識し、日本人としてのアイデンティティーを自覚すること。もう一つは、世界のアート市場の中心ニューヨークで、自らの殻を破るような創造の成果を発表すること。
毎年この展覧会には幅広い年代のアーティストが集まり、それぞれに個性溢れる作品が展示される。

■9月18日(月)〜 30日(土)
■オープニングレセプション:
 22日(金)6:00〜8:00pm
■会場:天理ギャラリー
 43 W. 13th St.
www.tenri.org


HOME