2017年09月08日号 Vol.309

ブルーノートでツアー千秋楽 
ジャズトライアングル65ー77


(左から)深沢、山本、小田村


ニューヨークを拠点にするジャズトリオ「ジャズトライアングル65ー77」=写真=が9月6日、アルバム「ジャズトライアングル」をワッツニューレコードからリリースした。9月24日(日)には、アルバムリリース記念ライブを、ブルーノートで行う。
バンドメンバーは、深沢晴奈(ふかざわ・はるな/フルート)、小田村愁(おだむら・しゅう/ギター)、山本章弘(やまもと・あきひろ/ベース)。アルバムではゲストにウチダユタカ(ドラム)を迎えている。
2週間の日本ツアーで12回のライブをこなし、このニューヨークのブルーノートでのライブはその千秋楽となる。演目は、メンバーによるジャズスタンダード曲のアレンジ、クラシック楽曲のアレンジ、オリジナル曲を予定している。
「ジャズトライアングル65ー77」は、ニューヨークで活動する3人の日本人ミュージシャンが意気投合し結成。フルート、アコースティックギター、ウッドベースという、室内楽的な編成で、各メンバーが作曲とアレンジを手がけ、演奏は即興性に富む。
フルートの深沢は、武蔵野音楽大学卒業でクラシック出身。国内外での演奏活動を経て、 2012年からニューヨークを拠点にする。
ギターの小田村は、バークリー音楽大学でジャズ作編曲を専攻。在学中に秋吉敏子賞を受賞している。2016年初アルバム「クラウド・イリュージョンズ」をリリース。
ベースの山本は、ウィリアム・パターソン大学でジャズ作編曲、ベース演奏を専攻。2008年にはジャズバンド「 The Archi-tet」 を結成、初アルバムのメイン曲がNHKの番組主題歌として採用された。

■9月24日(日)11:30am /1:30pm
■会場:Blue Note
 131 W. 3rd St.
■カバーチャージ:$39.50
 (テーブル席)
 TEL: 212-475-8592
www.bluenotejazz.com/newyork


HOME