2017年05月12日号 Vol.301

国連ライブシリーズ「Peace is...」
大竹史朗「バッハとイベロアメリカ」



国連の新しいライブシリーズ「Peace is…(あなたにとって平和とは)」が、この4月から始まった。
「文化・芸術を入口にし、誰もが気軽に国連で平和について考える仕組みを作ろう」と、国連日本政府代表部が年間を通して企画するもの。
月1回のペースで、ニューヨーク在住の日本人アーティストらが出演する。4月の第1回目は、ダンサーの折原美樹とマーサグラハム・カンパニーの公演だった。
5月12日(金)には、第2回目が行われ、ニューヨーク在住のギタリスト・大竹史朗(おおたけ・しろう)=写真=が、「バッハとイベロアメリカ」と題したコンサートを行う。「イベロアメリカ」とは、これまでアルゼンチンのフォルクローレ・ギタリストとして活動していた大竹が、独自に生み出したギター音楽カテゴリー。バッハも近年大竹が力を入れている分野だ。
このコンサートでは、大竹が新しいギター曲ジャンルを確立する過程を垣間見ることができるはず。9月にはソウル公演、10月には南米ツアーを控えている大竹。今回の国連でのコンサートは、これらのキックオフイベントとなる。
■5月12日(金)2:00pm
■会場:国連本部ロビー
 ※45丁目と1番街の角のビジター・チェックインで
 パスをもらって入場する
■料金:無料
■問合せ:国連日本政府代表部:TEL:212-521-1573
hajime.kishimori@mofa.go.jp(総務部参事官・岸守さん)



HOME