2017年3月17日号 Vol.297

フジコ・ヘミング
ピアノリサイタル
5月19日CUNYバルーク校で



ピアニスト、フジコ・ヘミングー=写真=が5月19日(金)、CUNYバルーク校のリサイタルホールで演奏会を行う。演目は、ショパンのエチュード、ドビュッシーの「雨の庭」「月の光」、ベートーベンの「月光」、リストの「ラ・カンパネラ」他。
ヘミングは、ピアニスト大月投網子と、ロシア系スウェーデン人の画家・建築家の父の間にベルリンで生まれた。5歳で日本に帰国。母にピアノを教わり、17歳でコンサートデビューを果たした。東京芸術大学を卒業後、日本フィルなどと共演。30歳でドイツに留学、その間聴力を失うアクシデントに遭遇するも、ストックホルムで耳の治療を受けながら、ピアノ教師と演奏活動を行っていた。
日本での知名度が上がったのは、1999年NHKのドキュメント番組がきっかけだった。番組が大反響をよび、デビューCD「奇蹟のカンパネラ」が200万枚を売り上げるという、クラシック界異例の大ヒットになった。日本ゴールドディスク大賞、クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー他を受賞している。
レナード・バーンスタイン、チェルカウスキーなどクラシック界の権威にその才能を認められ、支持されてきた。2015年にはプラハ・ラジオシンフォニーと、昨年はモスクワ国立交響楽団と、世界中の名門オーケストラと共演している。昨年はNYの国連本部で、日本国連加盟60周年記念の文化事業で演奏した。
今回の演奏会に先立ち、5月14日にはシンシナティ公演も行う。大の動物好きで、ドイツにはヘミングの名前を冠した動物保護団体もある。

★ニューヨーク公演
■5月19日(金)7:00pm
■会場:Baruch Engelman Recital Hall
 55 Lexington Ave.
■チケット:$36
■TEL: 866-811-4111
www.baruch.cuny.edu

★シンシナティ公演
■5月14日(日)3:00pm
■会場:Greaves Concert Hall
 Northern Kentucky University
 Nunn Drive Highland Heights, KY
■チケット:$25
http://urx2.nu/C6o1



HOME